LINEで友だちに送ってもらった写真を見ようとして「保存期間が終了したため写真が読み込めません」と表示され、アクセスできなかった経験は誰にでもあるはず。LINEトーク上の写真や動画は2週間で削除されてしまいます。そんなことがないようにLINEの「Keep」を使って永久保存しておきましょう。

LINEの写真が古くても見られる場合

過去のLINEのトーク内容を見ていて写真を拡大しようとタップしたら、黒い画面に「写真を読み込めません」とエラー表示されることがあります。基本的に、LINEトーク上の写真や動画は2週間で削除されるのです。

なお、写真によっては古くても問題なく見られる場合もあります。これは、写真や動画をいったん開くと、いったんスマホのアプリ内に保存されているから。このため、LINEのサーバー側で削除されても見られるのです。

とはいえ、LINEのお気に入りの写真や動画を見るために毎回、過去のトークをたどって探すのは手間がかかります。そこで利用したいのがLINEの「Keep」。LINEには自分専用のクラウドストレージが用意されているのです。

LINEの写真や動画を永久に保存する

「Keep」はトーク内のメッセージ、写真、動画、各種ファイルをアカウントを削除しない限り、永久に保存できます。ノートやアルバム機能とは異なり、「Keep」内のデータは自分しかアクセスできない仕組みです。

LINEトークの写真や動画などを「Keep」する方法は、保存したいデータを長押し。表示されたメニューから「Keep」を選んでタップします。すると、保存できるメッセージや写真、動画にチェック枠が出現。ここで保存しておきたい写真や動画すべてにチェックしたのちに「保存」をタップすればOKです。

「Keep」で保存したLINEの写真などを見るときは「友だち」画面で自分を選択します。右下に「Keep」のボタンがあるので選択すると、保存されているデータがリストで表示されるのです。容量は1Gバイトなので、重要データの保存に使いましょう。

【関連リンク】
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINEトークをiPadから盗聴する方法とは
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEは設定を間違えると情報が垂れ流しになる

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「LINEトークの写真は2週間で削除される前にKeep