自動車警ら隊は、警察署の管轄区域をこえてパトロールをしています。警察内部では「自ら隊」などと読んでいます。自ら隊は犯罪の芽を見つけ出して検挙することが任務。いわば職質のプロといえます。そんな自ら隊のパトカー内部では、どんな会話が交わされているのでしょうか?

自ら隊のパトカーは所轄とも違う

交通機動隊のパトカーが主に車などの違反を取り締まるのに対して、自ら隊は街中を巡回して不審な人や物を見つけて捜査することが主な任務。交通違反も取り締まる事がありますが、凶悪事件が起こるのを未然に防ぐために、キップを切ったあとも車内を捜索したりもするのです。

自ら隊のパトカーは赤色灯の下に白い箱が付いていることが、交通機動隊のパトカーとの違いです。駐車時にその赤色灯を上に伸ばし、通行する車や人に目立つようにします。交通整理や不審物の捜査を行う警ら隊ならではの装備でしょう。

自ら隊のパトカーはトヨタのクラウンが大部分を占めています。最近はスバルのレガシィがよく見られるようになってきました。また、同じ白い箱が乗っているパトカーでも、自ら隊と所轄警察署の警らとでも大きく違っています。

自ら隊のパトカー内は私語がない

所轄警察署とは、その地域を管轄している警察署のこと。一方の自ら隊は、警察署の管轄を越えて県内全域で活動できます。そして、自ら隊のパトカーは常に周囲に目を配っているので、車内の私語はありません。

乗務中は犯罪の芽を見つけ出して検挙するという、攻撃的な姿勢でいるからです。対して、所轄の警らは管轄内を巡回しているだけ。犯罪が起こっていたら対処する受け身の姿勢なので、自ずと車内の緊張感も違ってくるわけです。

さらに、自ら隊のパトカーが攻撃的になるのが夜間。自ら隊のパトカーは昼間、後輩が運転して車長が周囲を警戒。夜は交代します。不審者の出没や犯罪は夜間に多発するので、車長が運転した方がすぐに対応できるからです。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「職質のプロ「自ら隊」パトカーで私語がない理由