空き巣対策に玄関や窓など侵入経路に気を使う人は多いでしょう。しかし、空き巣の狙いは侵入ではなく窃盗。家の中にある現金や貴重品がターゲットです。そこで、空き巣対策として現金や貴重品を置くのがNGな場所を紹介しましょう。一般家庭の空き巣対策なら、金庫という選択肢もあります。

空き巣は成功体験を元にして動く

空き巣は効率的に仕事をするために「盗みが成功した」という成功体験を元にして動きます。そこで空き巣が真っ先に向かうのが、仏壇や神棚。普通はバチが当たるから触らないと思いますが、泥棒は仏壇にお金を隠す人が多いことを知っています。

高齢者の家だとタンスも必ず狙われます。若い夫婦で、夫が本の中に隠していたヘソクリを盗られたこともありました。どこが安心かは一概に言えませんが、パッと考えつく隠し場所は泥棒には通用しないことを肝に銘じておきましょう。

また、日本人の空き巣は主に現金を狙いますが、中国の窃盗団は現金はもちろん家電類・PC・貴金属を、南米系のグループは冷蔵庫の中の食料品まで何でも持って行ってしまいます。

空き巣が手を出せないクマヒラ金庫

それでは、空き巣対策に金庫はどうなのでしょう。事務所荒らしの場合、泥棒は最優先で金庫を狙います。しかし、一般家庭の場合は土地の権利書など現金化しにくいものが多いため、無視するケースもあるのです。

また、空き巣が手を出せないクマヒラ金庫という最強の金庫もあるので、知っておいて損は無いでしょう。数々の金庫を破った伝説の金庫破りが、侵入した事務所でクマヒラ金庫を前に一礼して帰ったというエピソードもあるといいます。

まさに泥棒がひれ伏す最強の金庫というわけです。ちなみに、クマヒラの「ガードマックス」は防盗・防火に優れ、サイズの割に重量があることから持ち運びも難しい金庫。実勢価格は2,145,600円です。

【関連リンク】
防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
監視カメラはアプリをスマホに入れるだけでOK
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
防犯カメラの設置を自力でするための注意点とは
空き巣対策をわずか数千円で実現する方法とは

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「空き巣対策で現金や貴重品を置くのがNGな場所