防犯カメラの導入にあたって課題となるのが、設置方法と暗所撮影でしょう。そんな防犯カメラの課題を一気に解決してくれるのが、電球ソケットに設置するLEDライト型防犯カメラです。設置方法は電球ソケットなので超簡単。動きを察知するとLED照明が点灯するのでターゲットを鮮明に撮影します。

超お手軽な設置方法の防犯カメラ

ThroughTekの「Kalay Home」は、電球ソケットに接続するだけという超お手軽な設置方法で、玄関や廊下など防犯を強化したい部分をカバーできるダウンライト型の防犯カメラです。

電球ソケットに設置して天井から撮影できるため、防犯カメラは広範囲をカバーできます。E26口金に対応。照明器具としての役割も果たしてくれます。

動きを察知するとLED照明が点灯し、自動で1分間の録画を開始。その際はスマホに告知が届きます。不審者には内蔵スピーカーから話しかけて追い払いましょう。専用アプリで同時に16台まで監視可能。魚眼レンズを用いているので、広い視野で撮り逃しを防ぎます。

電球ソケットに設置する防犯カメラ

実際の防犯カメラの映像は、明るい6畳の部屋では室内の隅々まで記録できて、死角がありませんでした。暗い部屋では照明としてLEDライトを点灯させるため、鮮明に撮影可能です。

スマホではApp StoreとGoogle Playから入手できる専用アプリ「KalayLightCam」を使用。防犯カメラ内に動く物体を見つけると、撮影開始をスマホにお知らせします。時系列で撮影した動画をチェック可能です。

この防犯カメラの解像度/フレームレートは1280×720ドット/30fps、暗視撮影はLEDライトによる自動点灯です。記録メディアはmicroSDカード最大(32GB)、電源は電球ソケットから給電、サイズ/重さは130W×139H×130Dmm/200gとなっています。実勢価格は15,980円です。

【関連リンク】
防犯対策は空き巣が嫌がる4つのポイントを重視
監視カメラはアプリをスマホに入れるだけでOK
空き巣対策!狙われる一軒家はこんな家だった
防犯カメラの設置を自力でするための注意点とは
空き巣対策をわずか数千円で実現する方法とは

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「電球ソケットに設置するLEDライト型防犯カメラ