日夜、日本の治安維持のために汗水流して頑張る女性警察官。凶悪事件の発生が増加している昨今、女性警官の優しい笑顔は一種の清涼剤です。そんな清く正しく美しい女性警察官はまだまだ謎に包まれています。そこで、女性警察官にインタビューしてミステリアスな彼女たちの悩みを聞きました。

女性警察官はトクすることも多い

女性警察官は街で違反キップを切るミニパトの婦警さんだけではなく、白バイ隊や刑事などあらゆる警察組織で任務についています。美しい女性警察官に注意されたら素直に反省してしまうに違いありません。

実際、女性警察官は職務質問や駐車違反の取り締まりをした場合、男性に比べるとそこまで怒鳴り散らされなかったりするとか。同じ女性だからと心を開いてくれたりと、トクしていると思うことは多いといいます。

ただし、一方で「指導したら泣く」「話しかければセクハラ」と見ている警察官も多いため、卒配で女性を下に置きたくないという上司も多数。恋愛相談受けているうちに勘違いして言い寄ってセクハラ扱いで飛ばされた上司の話もあります。

女性警察官は合コンで職業を伏せる

そんな女性警察官が日常的にしてしまうクセが「もとい」や「ドッキング」など無線でよく使う言葉が普段から出てしまうこと。また、人混みではスリの心配をし、車から離れる時は車内に鞄を置かないようにしてしまいます。

とはいえ、女性は化粧や服装でガラッと変わるので、私服のときに女性警察官だと気づかれないことがほとんど。合コンをする時も必ず職業は伏せるといいます。OLなどと嘘をついて参加。合コンで女性警察官だとバレるとたいていは引かれてしまい、空気が凍りつくからです。

合コン相手もまさか警察官だとは思っていないようで「この前、夜勤で…」などとポロッと出ても、勝手に看護師さんと誤解してくれるといいます。もし合コンで簡潔明瞭な会話、駐車している車のナンバーを無意識に確認している女性に出会ったら、女性警察官かもしれません。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「女性警察官が合コンで勝手に誤解される職業は?