現行の200系ハイエースは、2004年に発売開始したⅠ型から2013年のⅣ型まで、セキュリティシステムを強化してきました。ただし、その度にセキュリティを破られるという、ハイエース盗難の窃盗団とのいたちごっこが続いています。ハイエースの盗難手口とセキュリティ対策について見ていきましょう。

ハイエースの純正イモビライザー

ハイエースのⅠ型はイモビライザーが無く、スライドドアから侵入してシリンダーキーを破壊する手口で突破されました。ハイエースに盗難防止のイモビライザーが搭載されたのは、2007年のⅡ型から。スーパーGLでは純正イモビライザーを装備されていました。

イモビライザーは固有の登録IDが合致しないとクルマが動かない仕組み。盗難が増えてきたための対策でしたが、イモビカッターで無効化されました。イモビカッターは車載コンピューターのID情報をリセット。そこに別のキーのIDを登録します。

ハイエースのⅢ型前期は、スーパーGLのみにイモビライザー付きリモコンキーを搭載。2012年のⅢ型後期からは、全車にイモビライザー付きリモコンキーを付けましたが、こちらも攻略されています。

ハイエースのスマートキーを解錠

そして、2013年発売開始で現行のハイエースのⅣ型からは、スーパーGLでスマートキーをオプション搭載可能になりました。スマートキーは微弱な電波を発して、ドアの開閉やプッシュ式のエンジンスタートボタンを始動させる仕組みです。

しかし、海外ではスマートキーからの電波を拾って増幅し、それを中継して解錠してしまう「リレーアタック」という手口が確認されています。具体的には、スマートキーの電波は送信が315MHz、受信が125/134kHzの電波を使用しています。

その電波を特殊な受信機と送信機で変換・増幅して中継するのがリレーアタックです。実際、日本でもⅣ型ハイエースの盗難は発生しています。ハイエース盗難の窃盗団とのいたちごっこはまだ続きそうです。

【関連リンク】
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ハイエースの盗難手口とセキュリティ対策とは?