電源を切り忘れると盗聴器化してしまうのがワイヤレスマイクです。とくに、コンサートなどで使われるヘッドセットタイプのワイヤレスマイクは、舞台裏や楽屋でも電源が入れっぱなしであることがほとんど。ワイヤレスマイクがプライベートな会話を拾い集めて、周囲にタレ流してしまう危険があるのでした。

ワイヤレスマイクの電波を受信

マイクとスピーカーの間を電波でつなぐのが、ワイヤレスマイク。ワイヤーが無いので、自由に動きながらしゃべったり、歌えるのがメリットです。そのメリットの裏側で、プライバシー漏洩の危険性があります。

無線機器であるワイヤレスマイクの電波は、出力が1~10mWと弱いのですが、使用している建物に近づくとモレて来る電波を受信可能。これを利用したのが“コンサートワッチ”と呼ばれるものです。

コンサートワッチは、コンサートホールで使っているワイヤレスマイクの電波を受信します。アイドルやアーティストの歌声をコンサート会場に入ることなく、電波から直接、受信するのです。

ワイヤレスマイクから楽屋の会話

この時、聞こえる声は“ナマ声”と呼ばれるミキサーで加工する前の本当の声。時には荒い息づかいが聞こえたりと、かなりの臨場感といいます。

しかも、アイドルやアーティストが舞台袖に引っ込むと、会場内のスピーカーはオフになりますが、ワイヤレスマイクは電源が入ったまま。つまり、舞台裏でしゃべっていることが電波に乗ってすべて聞こえてしまうのです。

特に両手が使えるヘッドセットタイプのワイヤレスマイクは着けたままにすることが多いので、楽屋での会話が筒抜けということも多々あります。また、開始前のリハーサルから受信すれば、音合わせの合間に交わされる、プライベートな会話が飛び込んでくることもあるのでした。

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「ワイヤレスマイクから楽屋のナイショ話が筒抜け