現在、カセットテープ復活の兆しなどで、ラジカセが再び脚光を浴び新製品もリリースされています。そこでCDラジカセ現行モデルの中で、音源をデジタル化できる2機種を比較してみました。比較したCDラジカセは、東芝エルイートレーディングの「TY-CDX9」とソニーの「CFD-RS501」です。

CDラジカセで音源をデジタル化

「TY-CDX9」と「CFD-RS501」は、いずれもCDプレーヤーとカセットテープレコーダーを搭載しているだけでなく、メモリーカードの録音・再生が可能。カセットテープの音源をデジタル化できるCDラジカセです。

ただし「TY-CDX9」はSDカード・USBメモリ・カセットテープと録音ボタンがまとめられたCDラジカセ。このため、各メディアの録音ボタンを押すと、ソースの再生は自動でスタートするワンタッチ仕様になっています。

一方の「CFD-RS501」は、対応する記録メディアはSDカードのみで、SDカードの録音ボタンを押してからカセットテープ側の再生ボタンを押す必要があるCDラジカセ。録音ボタンと再生ボタンが非連動のため、2回ボタンを押さなければなりません。

CDラジカセでラジオを録音する

また、CDラジカセでラジオの音源をデジタル化する際は、使い勝手がまた変わります。「TY-CDX9」では保存ファイル名はトラック番号のみ。時計機能が非搭載のため、ファイルに日時などが記録されないのです。

少々使い勝手が悪い仕様になっているため、この点では「CFD-RS501」が優位でしょう。ラジオは局別にフォルダが自動で作られ、ファイルに日時が表記される仕様になっています。

「TY-CDX9」のサイズ/重さは316W×130H×215Dmm/2.2kg、電源は単2形乾電池×6本またはAC100V、実勢価格は13,470円。「CFD-RS501」のサイズ/重さは366W×146H×238Dmm/3.1kg、電源は単3形乾電池×3本またはAC100V、実勢価格は17,360円です。(文/手島伸英)

【関連リンク】
チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
透視撮影が赤外線フィルターで可能になる理由

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「音源をデジタル化できるCDラジカセを比較した