盗聴器から実際に聞こえる音声はいたって普通の生活音。盗聴器を仕掛けた本人にしか有用な情報ではありません。それでも盗聴器探しの人気が根強いのは、会話を聞くためでなく、発見する工程が面白いからです。ただし、時にはラブホテルに仕掛けらえた盗聴器の音声のように怪しげな会話も聞こえてきます。

盗聴器の音声から怪しげな会話

法律を犯してまで盗聴器を仕掛けて聞きたいという内容は、とても興味のあるところです。しかし、一般家庭・店舗・オフィスなどから出ている盗聴器の電波を発見しても、聞こえてくるのはそれほどスキャンダラスな内容ではありません。

発見した盗聴器の電波から聞こえてくるのは、一般家庭からは生活音や日常の会話、店舗やオフィスからは接客の様子や人の気配、電話対応の声など。盗聴器を仕掛けた人間には有用な情報であっても、第三者には単なる会話にしか聞こえません。

時には、発見した盗聴器の音声から怪しげな会話や男女の色事も聞こえてきます。例えば、ラブホテルで枕元のコントロールパネル内に、AC電源式盗聴器を仕掛けられた場合。半永久的に男女のプライバシーを周辺にバラまくことになります。

盗聴器は発見する工程を楽しむ

仕掛けた本人だけが密かに受信できるように、盗聴波は弱い電波です。自宅に大きなアンテナを上げても発見・受信できるようなものではありません。自分から盗聴器が仕掛けられていそうな場所へ行って発見するのです。

盗聴波はプライバシーの侵害をしていますが、当事者でない人には聞こえてくる内容はさしたるものには感じません。それでも、会話から盗聴器が仕掛けられている理由をあれこれ想像する探偵的な楽しみ方もあるでしょう。

しかし、盗聴波は会話の音声を聞くためではなく、発見する行程を楽しんだ方が面白い無線です。盗聴波が飛んで来る方角にアンテナを向けて、発信源である盗聴器が仕掛けられた建物を特定していくのは、電波の知識と受信のスキルが求められる電波のハンティングといえるでしょう。

【関連リンク】
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器が発見されるラブホテルの注意ポイント
盗聴器の周波数はUHF帯の3波をスキャンする
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「非合法な盗聴器の音声から聞こえてくる内容は?