iPhoneで写真を誤って削除してしまった経験はだれでもあるず。そこで、スマホの写真を復元させる方法を紹介しましょう。iPhoneはiOS8以降には削除した写真を復元する機能が追加されています。この機能は逆にいうと、削除したつもりの写真が実際には消えていないこともあるということ。注意しましょう。

iPhoneに写真を復元させる機能

iPhoneには、削除した写真を復元させる機能がiOS8以降に追加されています。iPhoneの写真を復元する方法は、iPhoneのカメラからアルバムを選んで「最近削除した項目」を選択します。

じつは、30日以内に削除した写真ならここに残っているのです。実際に見てみると、消した写真が一覧されるのでドキッとする人もいるでしょう。復元したければ、写真を開いて右下の「復元」から「写真を復元」を選べばOKです。

また、一覧されている写真すべてを復元する場合には、右上の「選択」をタップしたあと、左下に表示される「すべて復元」を選択します。このようにiPhoneは削除した写真を復元できるのです。

iPhoneの写真を復元させない

iPhoneの写真を復元する機能を知らない人にとっては寝耳に水。他人に見られたくなくて削除した写真が、完全には消えていないということです。写真を復元させたくない人は「最近削除した項目」で完全に削除しておきましょう。

なお、Androidスマホで写真を復元するなら、データ復元アプリを使うのが便利でしょう。無料アプリ「消した画像を復元」は簡単な操作で1度消してしまった写真を復活できます。

写真を復元させる手順は、アプリを起動したらまず「内部ストレージ」をタップ。すると消した写真が一覧されます。あとは、写真を選んで右下の「復元する」ボタンをタップ。これで「消した画像を復元」フォルダに写真が復活して保存されます。

【関連リンク】
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法
iPhone浮気調査!恋人の着信履歴を自分の端末で!?
iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違っていた

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「iPhoneの写真は削除したつもりでも復元できる