人々の財産や安全を守るのが警察の務め。これが大変な仕事なのは言うまでもありません。しかし、警察官には国家公務員もいますが、そのほとんどは地方公務員。圧倒的な高給取りとは思えません。しかし、実際はその給料以上に警察官ならではの手当や優遇が多数あるといわれます。

警察官の給料は一般職より若干よい

警察官の給料は一般の公務員と同じく俸給といいます。民間企業でいう基本給と同じで、内閣人事院が発表する俸給表で定められています。ただし、警察官は一般職と違って、一般職より若干金額がよい公安職俸給表が適用されるのです。

俸給表は「級」と「号」の交差した欄の額が棒給月額。例えば巡査は1級、巡査部長は3級、警部は5級、警視なら7級と、階級によって「級」が決められています。そして、各級の中で勤続年数に応じて「号」が上がっていくシステムです。

大まかに号が1つ上がると約1万円弱のアップ。これは毎年あります。また、試験に合格して昇進すると「級」が上がります。号が変わらず級だけが上がると、約2万円のアップです。

警察官の給料で特徴的な特殊手当

この俸給月額に加えて、警察官にはさまざまな手当があります。このうち、住宅手当や通勤手当、扶養手当などは一般企業とほぼ変わりません。年2回のボーナスは「期末手当」「勤勉手当」といいます。

警察官の給料で特徴的なのは特殊手当。「警ら作業手当」「防弾装備着装作業手当」「死体収容作業手当」など警察独特の特殊手当もかなりあります。とはいえ、交通事故処理作業の交通取締手当は1日560円。割に合うかどうかは微妙です。

警察で働いていて最も「トクだな」と感じるのは、外部に対するイメージが非常に高いということ。仕事を聞かれて「警察官です」と答えると、ほぼ間違いなく「真面目なんですね」と返っきます。住宅ローンの審査はほぼストレートです。

【関連リンク】
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「警察官の給料は同じ公務員でも金額がちょっと上