LINEには、アドレス帳に登録されている連絡先から友達を自動で登録する「友だち追加」という機能があります。アドレス帳を反映して自動で「友だち」登録を行う機能はとても便利ですが、無差別に「友だち」登録してしまうデメリットがあるのです。LINEの友達追加のセキュリティを一度チェックしましょう。

LINEで電話番号の友達追加をオフ

まずは、LINEで連絡を取りたい知り合いだけを選んで友達追加するために、電話番号を使った「友だち」の追加をオフにしておきましょう。そのためには「友だち追加」の設定をオフにします。

LINEを起動したら右下の「…」をタップ。続いて、右上の歯車アイコンをタップして設定画面に移ります。ここで設定項目から「友だち」を選んでタップ。ここで「友だち追加」「友だちへの追加を許可」の項目をオフにしましょう。

また、18歳以上で年齢認証を行っていれば、自分のIDを持つことが可能。SNSで公開したりTwitterなどと同じものを使っていると、面識のない人に検索されて友達追加される場合があります。そこで、IDで検索されないようにする設定です。

LINEに友達追加されてメッセージ

LINEの右下の「…」をタップしたあと、右上の歯車アイコンをタップして設定画面に移るのは先ほどと同じ。ここで「プライバシー管理」をタップしましょう。「IDで友だち追加を許可」という項目があるのでオフにします。これであなたのIDは検索されなくなりました。

自分ではLINEに友達追加していなくても、相手が自分を「友だち」に追加していればメッセージを送ることができます。知らない人からのメッセージを受けとりたくない場合は、拒否するように設定しましょう。

設定するのはLINEの「プライバシー管理」をタップしたあとの「メッセージ受信拒否」です。初期設定ではオフになっているのでタップ。「メッセージ受信拒否」の機能が有効になりました。これで友だち以外からのメッセージは受信されません。

【関連リンク】
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策
LINEトークをiPadから盗聴する方法とは
LINEで既読をつけないでメッセージを読む方法
LINEは設定を間違えると情報が垂れ流しになる

情報提供元:ラジオライフ
記事名:「LINEの友達追加で設定すべき3つのセキュリティ