農業において食品安全や環境保全、労働安全などを確保するための生産工程管理「GAP」。現在、国内の農業の働き手は減少していますが、農作物の生産量は増え続け、将来的に日本の農作物の市場は海外に拡大することが予想されています。国際競争で優位に立つためには国際的な規格や認証に対応した生産管理が必要となる、日本の農業。そのような課題に対処するため、2018年2月1日、農業の現場で中心的な役割を担う指導員や実務員に向けたセミナーが開催されました。2020年東京オリンピックの食料調達指針で話題となっているGAPですが、導入においてどんなことが課題となってくるのでしょうか。識者たちが知見をシェアしました。

全文を読む