プールでひとしきり泳ぎ終わった後、目が赤くなったり、かゆみや痛みを感じた経験はないでしょうか。ゴーグルをつけなかった場合はとくに目の痛みを感じることがあるでしょう。多くの方はこれが塩素によるものだと思っているかもしれませんが、実はもっとも大きな理由はそうではありません。消毒のために入れられた塩素が尿素と反応することで生成される物質「クロラミン」が犯人なのです。今回のYouTubeのサイエンス系動画チャンネル「SciShow」では、プールで目が痛くなる理由について説明します。 全文を読む