世界でもっとも有名な音楽家の1人であるヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト。幼いころから神童として知られ、数々の名曲を世に送り出してきた天才ですが、35歳という若さで亡くなりました。これは当時としても早すぎた死でしたが、一体なにが死因となったのでしょうか? 実は彼の死因はいまだに解明されていない謎となっています。これまでに、ポークカツの生焼きによる感染症やビタミンD不足、さらには対立関係にあった宮廷音楽家サリエリによる毒殺など、100以上の説が生まれました。今回のYouTubeのサイエンス系動画チャンネル「SciShow」では、モーツァルトの死の謎に迫ります。 全文を読む