バイリンガルとは2つの言語を話す人のことですが、
そのバイリンガルがよくしちゃうことがあるんです。
下の動画と解説をどうぞ。

バイリンガルあるある(Things Bilingual People Do)

その1 Talk About Other People Secretly(他の人について内緒話)

筆者は普段中国語と日本語を話すのですが、日本で台湾人と遊びに行ったりすると日本人が分からないように中国語で話したりすることがあります。あまく良いことではないって分かってるんですけどね笑。動画でも2人の男性が中国語で内緒話してますね。

その2 Eavesdrop On Conversations(盗み聞き)

これも良くないとは分かっていてもついしちゃう筆者です笑。最近、日本では中国人観光客の方が増えましたが、彼らの会話をついつい盗み聞きしてしまいます。だって分かるんだもん(言い訳)。動画では中国語で内緒話してた二人の話を金髪女性が盗み聞きしてましたね。まさか彼女も中国語が分かるとは…。筆者も気をつけます。

その3 Words That Are Hard To Translate(翻訳しにくい言葉)

どの言葉にも翻訳しにくい言葉ってありますよね?翻訳できたとしても元々の言葉のニュアンスまでは翻訳できないものです。なのでバイリンガルはついその言語を別の言語でも直接使ってしまいます。筆者も相手が中国語も日本語も分かる相手ならその言葉でしか表現できないものなら別の言語でも使ってしまうかも。

その4 Expressions That Don’t Translate Well(ちゃんと翻訳してない表現)

日本語でも「ことわざ」とかは英語に翻訳するのが難しいですよね。動画で男性が言っていたのは中国語の成語でしたが、そのまま英訳すると全く意味が分かりません笑。マレーシアとシンガポールでは中華系同士が英語で喋る時に中国語をそのまま英語にして話すこともあるようです。面白いですね。

その5 Teach Your Language(自分の母語を教える)

バイリンガルだと他の人から教えてと頼まれることもあります。動画で女性は全く違うことを教えていましたね笑。皆さんはそんな意地悪なことはしないでくださいね。

その6 Switch Languages Mid-Sentence(文の途中で言語を切り替える)

これもバイリンガルあるあるですね!筆者も相手が日本語と中国語両方分かる相手だと文の途中で言語が切り替わっちゃったりします。特に意識はしてないのですが不思議ですね。

その7 Not Satisfied By Subtitles(字幕に不満)

これもものすごく共感できます…。その言語が理解できない人にとっては字幕は必要不可欠なものですが、その言語が理解できる人かすると「その訳では本来の意味を伝えきれていない」と思っちゃうんですよね。それぞれの言語はそれぞれの「感覚」と「ニュアンス」を持っているものですから。VoiceTubeでは日本語字幕を付けていますが、あくまで参考ですので英語本来の意味をできるだけ理解できるようにしましょう!

その8 Instant Connection With Native Lauguage(母語への素早いコネクト)

それまでは違う言語を話していたのにいきなり母語で話し出す…。それがバイリンガルです(ちょっと迷惑)。

その9 Speaking An Experessive Language(表現豊かな言語を話す)

動画で話してた広東語も中国語もそうですが、表現豊かな言語は意味が理解できない人からすると少し「興奮」してるように聞こえてしまいます笑。同じことを違う言語で話しても音が全く違うので聞いた印象も全く違うものになるのが言語の面白さだと思います。

最後に

以上がバイリンガルがついしちゃう9つのことでした。皆さんも英語バイリンガルになれば気持ちが分かるはず?!VoiceTubeを活用して英語バイリンガルを目指してくださいね。

ライター/ Shoji Kawahara
画像/Alexis Brown, CC licensed

The post バイリンガルがついしちゃうことって? appeared first on .