最初の猫に対しては、5勝3敗。お次の猫には、18戦全勝であります。 猫と共に暮らす皆さまにおかれましては、日々猫撫でスキルがアップしていることかと思われますが、その技はいくつお持ちでしょうか。YouTubeチャンネル「Cat Lessons」がアップしているのは、猫撫で技の数々。タイプ別の2匹に対して、それぞれの志向にあった撫で技を披露しておりますので、飼い猫を喜ばせるスキルアップの参考になりましたら幸いです。
まず「典型的なタイプの猫」として登場したのは、長毛の猫さん。上から下への背中撫で、手を見せない形での後頭部から背中への撫では許容するものの、正面からの腹撫で、監視下でのシッポ撫で、および前脚撫では許さない姿勢を鮮明にしております。ただ、この猫の場合は、タイミングの問題で、気を許しているときにはokのようです。人間同士の恋愛と同様で受け手の心を開く信頼が重要といったところでしょうか。 お次は「人なつっこいタイプ」事例として登場した、茶白猫さん。こちらはのっけから乗り気全開。あらゆる猫撫で手法に対して、受けて立ってみせる懐の広さを見せつけております。その数は18種類。15勝の全勝で千秋楽を終えた後、優勝決定戦で3連勝する勢いですべての猫撫でを受け入れ、18連勝で幕内最高優勝を達成したかのような爽快さを動画越しに伝えるものであります。動画をご覧の皆様は、まだお試しになったことのない猫撫で技を習得するのとともに、我が家の猫が好む撫で方の探究の一助にしていただければ幸いです。個人的には、1:29ごろの「一本指頭頂撫で」と、1:34の「温泉マッサージ(日本で言えば、床屋肩たたき)」は初見でしたので、今度、我が家の猫に試して反応を見たいと思っております。 [What’s Your Cat’s Petting Style?/YouTube via 読者投稿]



【関連記事】
段ボールでもここまでかわいく、ひと手間加える猫ハウスの作り方
2個から4個に猫のトイレを重層化、設置面積変わらずそのまま
3種のオモチャで飽きさせない、簡単猫オモチャの作り方

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「猫の撫で方26種類、あなたの猫が喜ぶのはどれ