寛ぐニャンコの名前は、Sister Gary Margaretとのこと。 ボクは地図帳拡げてオンガク、きみはピアノに登ってオンガク、猫は鍵盤枕にオンガク、ということで猫流にオンガクを楽しむ動画をご覧ください。ハハァ。
カメラに向ける視線から察するに、この荘厳な曲に笑いが起こるのを解せない感じの黒白猫。奏者の膝上にどっぷりと寝転がり、後頭部で鍵盤を鳴らし、指に甘噛みし、勢い余って落ちそうになりながらかろうじて落ちないその体を張った演奏に、聴衆は歓喜の笑みを湛えております。2:25ごろからのフィナーレでは、想像を超えた全身楽器っぷりを披露。締めにはニャッと一鳴きし、場内は笑いに満ちる、素晴らしい演奏となりました。猫と一緒に歌うときまで、そう遠くはないものと思われます。 [Cat loves piano music/YouTube]



【関連記事】
仲良しインコに愛される猫、お休み中は手出しご無用
音声対話の人工知能、猫との会話もお手の物
段ボールでもここまでかわいく、ひと手間加える猫ハウスの作り方

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「ピアノを愛した黒白猫、その演奏に笑いの神が降臨