2020猫リンピック開会式、聖火が灯りてハトは舞う 人間のオリンピックはやっぱり延期なんでしょうか。 どうせだったら次回のパリ五輪までの4年間でダラダラやり続けるのはどうだろうなどといった、素人考えにもワンチャンありそうな様相を呈して参りましたが、2020猫リンピックはすでに開会式が挙行されておりましたのでご報告申し上げます。
コロナ禍が始まるはるか以前の、昨年9月に猫動画YouTubeチャンネル「Bow Meow Stories」にアップされましたのは猫選手たちによる“猫オリンピック”開会式の模様。それっぽいエンブレムやアレぽいマークも用意周到に準備され、かなり本格的な仕上がりとなっております。 五輪旗掲揚から始まり、選手入場のドタバタ劇に続いては、最終聖火ランナーによるドラマチックな聖火点灯式。最後はちゃーんとハトが舞い、平和の祭典らしいグランドフィナーレであります。中止派の皆様からは「これでええやん」と、延期派の皆様からは「これに続いて東京五輪も開催すべし」といった感じで、ポジショントークにご活用いただければ幸いです。または、本当に猫リンピックにしちゃうという手も微レ存であります。 [東京猫オリンピック2020 開会式/YouTube]

【関連記事】
扉の影から飛び出る高速猫パンチ、一発必中顔面命中
死んだふり突っ伏す飼い主と3匹の猫、2匹は寄り添いもう1匹は
短き声で猫は答えるもう十分よと、ワンモアキス?の問いかけに

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「2020猫リンピック開会式、聖火が灯りてハトは舞う