短き声で猫は答えるもう十分よと、ワンモアキス?の問いかけに 脳天からの注入で、愛情満タン。不足した分はチオビタドリンク愛情1本で補給であります。 キスを拒む猫もいれば、キスでお腹を満たす猫もいれば、キス充足を知る猫もいるということで、飼い主さんからの口づけを甘受しながら、やめ時をみずから申告する猫の動画をご紹介。
猫の額を、頭の先を、飼い主さんの唇へと、みずから進んであてがうキジトラの猫。聞き慣れたボイスのバイブレーションに心穏やか目は爛々。なんとも自慢げな表情であります。飼い主さんのリクエストに応じて頭を出しておりましたが、ふと「このまま甘やかしてはためにならん」と気付いたのか、ぱたりと頭を止める猫。 「One more kiss?」との問いかけに猫が短く鳴いて答えれば、気持ちを察して自粛に応じる飼い主さん。愛情表現も過ぎたるは猶及ばざるが如しでありまして、吾唯足るを知るの境地といった表情を猫は浮かべるのでありました。 [Talking cat says NO! to kisses on the head/YouTube]

【関連記事】
愛情を与えて食欲満たす猫、頬を抱いて唇寄せて
不要不急の移動を断固拒否する猫、切り株離さず尻が浮く
飼い主の黒いマスクに白猫混乱、顔を見合わせ目を丸く

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「短き声で猫は答えるもう十分よと、ワンモアキス?の問いかけに