見つめ合う猫が教えた笑顔のスイッチ、飼い主の鼻をポチッとな じーっと見つめて、ボタンの場所を探していたんでしょうね。 猫は何でも知っている。夕べあなたが泣いたのも。かわいいあなたのつぶらなその目に光る露のあと。そんなことを思っているのかどうかは定かではありませんが、笑顔に変えるスイッチのありかも、ちゃーんと知っていたようであります。
全知全能なるキジトラ猫が繰り出す体重の乗った左ストレートは、高精度で飼い主さんの鼻の頭に命中。肉球に詰め込まれた「いまのままで、ええんやで」というメッセージが皮膚を伝って鼻腔を通って脳髄にほんわかとした電気信号を生じさせた結果、ニッコリ微笑む飼い主さん。思いを伝えるのに、言葉はいらない。ただ肉球が触れる、それだけでいいのであります。 [Kitty Gives Adorable Boop || ViralHog/YouTube]

【関連記事】
伸びやかに猫は遊ぶよ網戸クライミング、見る者の目をくぎ付けに
新入りのベビーベッドを検品する猫、深入りしすぎて抜けられず
凍傷で四肢を失うロシアの猫、義足に慣れてじゃらしをエンジョイ

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「見つめ合う猫が教えた笑顔のスイッチ、飼い主の鼻をポチッとな