工作機械を使って本気のDIY、元のままでも猫は満足げ YouTubeにアップされる猫関連DIYについても、簡単に見えれば見えるほど実は結構手が掛かってる、なんてことはよくある話で、今回はその典型といえる動画をご紹介。本棚を猫が喜ぶ遊び場に作り替える一見カンタンDIYです。
ものつくり系YouTuber・Joel Createsさんがアップしましたのは、どこにでもあるシンプルな本棚を猫の遊び場へとメタモルフォーゼする解説動画。冒頭の小芝居もそこそこに、見ているだけで手順が分かる一見誰でもできそうな感じであります。 必要なものをまとめてみますと、どこのニトリにもありそうなシンプルな本棚と、どこのハンズとかトステムビバとかにもありそうな大きめの木製の板、どこのご家庭にも置こうと思えば置くことはできるサイズのCNCルーターと、どこでも手に入るフリース素材のケットとサイザル麻の紐、切り抜き加工用のデータおよびどこからでも無料でダウンロードできるデータ作成アプリ「Krita」および、どこからでも149ドルでオンライン購入できるCAD「CamBam」であります。 まず、Kritaで切り抜きしたいデザインを作りまして、CamBamで編集。そのデータをCNCルータに送って、あとは板をセットするだけ。とはいいましても、あのサイズの大型CNCキットとなりますと、60万くらいするようでして、持つ者と持たざる者との差をまざまざと見せつけられる次第であります。 それはさておき、そんなこんなでキレイに窓が開いた板を、電動ドリルでネジ止めしたら、もう完成。猫の反応も上々で、窓から覗く顔は大変に満足げであります。 この動画から得られるであろう教訓は2つ。一つはプロがちゃちゃっと仕事を済ませられるのは、適切な道具とその腕前に至るまでの経験があるからという事実を、素人は忘れてしまいがちなのであります。 そしてもう一つは、板を取り付ける前の状態の、素の本棚でもけっこう楽しげに乗っていることからも分かるとおり、労力やクオリティと猫の満足度は必ずしも比例しないということでありましょう。 [Cutest cat house made from repurposed book shelf!/YouTube]

【関連記事】
個体から液体へと変化した猫、表面張力までも再現
1匹の猫をブラシでとかしたら、ほぼ同サイズの2匹に増殖
鼻先に綿棒乗せて仁王立ち、シッポ揺らして余裕の表情

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「工作機械を使って本気のDIY、元のままでも猫は満足げ