音もなくシッポが振られるそのたびに、揺れるブランコ猫を乗せ 皆様ご存知の、ズサ猫のまるさん、この夏の暑さのせいでしょうか、飼い主さんお手製のブランコにまたがり、脱力状態で空中浮遊であります。働き過ぎの我々が見習うべき姿をとっくりとご覧くださいませ。
わずかに動くのはながーいシッポ。その動きが静かにブランコの綱へと伝わり、ゆらーりゆらりとご本尊を揺らしております。真上から見ても、正面から見ても、仰角から俯角から見ても、一切無駄のない搭乗体勢と動き。この脱力感は、現代を生きる我々が忘れてしまっているものではないかとさえ思われる次第です。 [ブランコで寛ぐねこ。-Maru relaxes on the swing.-/YouTube]

【関連記事】
腹をモミモミ猫カーリング、オートリターン機能は標準搭載
見つめ合う2匹の猫の戦いの、その決まり手は腰砕け
猫を吸い込むブラックなホール、古タイヤの穴すべて満席

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「音もなくシッポが振られるそのたびに、揺れるブランコ猫を乗せ