1着は確定なんですが、2着3着に審議ランプが点灯中です。 かごといえばでおなじみ、かご猫Blogのみなさまが仲良くカゴに丸まって、さながら耐久寝姿ダービーであります。さて8匹のうち最後まで寝転がっているのは、どの枠でしょうか。画面奥左側から1枠から4枠、手前左側から5枠から8枠。1番人気はやはり、7枠・のせ猫のシロさんでしょうか。さて今週日曜は京都競馬場でエリザベス女王杯ですので、丸めた勝馬を片手に、関西GIファンファーレを脳内に響かせてながらご覧あれ。
各猫揃った綺麗なスタート。4番白黒が早々に離脱、2番は横道に逸れ3番も続いて起床、8番はどうやらレース場を間違えて自ら扉を開けて淀へと行った模様。1番のあくびでレースが決まるかと思われたところ、6番茶トラが立ち上がり、その枠を1番が奪取してそのまま離脱。5番は空いた1枠を陣取り、残る2匹の一騎打ちかと思われましたが、1匹また1匹と猫が枠に戻ってきて、結局2着は決せずレースは混迷のまま。お手元の勝馬投票券は主催者から結果が発表されるまで、放り投げずにお持ちください案件となりました。 本命7番は微動だにせずトップを独走であります。ちなみに、タイトルは7匹になっていますが、そこはそっと触れずにおくとしましょう。 [7つのかごの7匹の猫 181026/YouTube]

【関連記事】
見知らぬ人の胸に抱かれ疾走する猫、保護され新しい家族の元へ
目を奪われるその緻密さに、iPad ProとApple Pencilで描く猫の顔
「遊びたい」と「温もりたい」を両立する猫、目付きは鋭く動きはやんわり

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「寝姿耐久猫カゴダービー、1着本命2着は混迷