さあ、一発逆転ごはんですよ〜!(↑)のお時間です。 2番目3番目に食べるものをズバッと当てますと、大きなランプ5ポイントがどーんと点きまして、一発逆転となりますかどうか。多分誰も覚えていないとは思いますが、アラフォーアラフィフ世代の方だけでも、お分かりいただければ幸いです。さて今日のごはんですよは、ロシア在住Marat NugaevさんのYouTubeチャンネルから、猫のPerseus君であります。画面左側には生の鶏肉、右側には茹でた鶏肉。どちらをどんな勢いで行くのか、早速ご覧ください。
ゴロゴロと喉を鳴らしながら登場のPerseus君。真っ先に箸、ならぬ鼻を付けたのは茹でた鶏。直後に生肉にも鼻を付け、視聴者を惑わせますが、1口目はポロリと落としつつ、茹で鶏であります。その勢いで2口目も同じく茹で鶏。カットサイズが大きかったのか、2口目もポロリと落として、これを咥えるのかと思いきや、3口目は落ちた茹で鶏のすぐ横にあった生鶏肉をパクり。ということで、答えは「茹で」「生」の組み合わせでありました。単勝複勝三連複、枠連馬連三連単のオッズについては、主催者発表情報をご確認ください。ちなみに、同じ猫による別レース、「牛肉杯」では生肉の圧倒的人気という結果が見られました。 もし、ご自宅の猫さんの嗜好を知りたいというときには、ペット用の生肉など、安全性の高いものを利用されるほうがよろしいかと思われます。ちなみに我が家の猫たちは、生肉には「なにこの野蛮な生臭いものは」と、そっぽを向くタイプです。 [Raw or boiled chicken? What does the cat like to eat?/YouTube]

【関連記事】
初めての雪絨毯に興奮する猫、全力で喜び外駆け回る
飼い主の優しさ伝わるやわらかオフトゥン、ファサァと掛ければスヤァの顔に
呼べば応える猫赤子たち、寄って登って猫まみれに

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「目の前に生鶏肉と茹でた鶏肉、真剣な目で見定める猫