オーボエだけに、遠吠えに聞こえるのでしょうか。 そんな親父ギャグはさておいて、楽器と猫との関係性にはいろいろあるという事例動画をどうぞ。今回はオーボエであります。
飼い主さんが演奏を始める前から、なんとなく警戒モードの茶トラ猫。軽快な音が鳴り出した瞬間、ニャーンと一鳴きして、揺れ動くオーボエの末端に襲いかかります。音の出所を確かめながら、膝に手をついたり、体を伸ばしたり、演奏を止めようと必死のようです。当事者としては、いっしょに歌っているつもりなのかもしれません。 [My cat hates the oboe/YouTube]

【関連記事】
ゆるやかなピアノの調べに眠れる猫、寝落ちてとろけて黒鍵を枕に
コヨーテに一歩も退かぬ互角の三毛猫、空中殺法で華麗にじゃれ合う
ご飯を取られて困惑する猫、罪を憎んでキジを憎まず

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「飼い主の奏でるオーボエに手を伸ばす、やめさせようと猫は必死に