「こんな隙間通れるわけないよー」からの…。 猫が脱走の名手だとは、よく知られている話ですが、往々にして実際に脱走されるまでは、まさかこんなところから脱走するなんて思いもよらなかった、というのがテンプレであります。そんなテンプレ思考を覆す、衝撃のドアすり抜けの瞬間をご覧あれ。
ドアの下のよくある隙間、まあ、4㎝くらいといったところでしょうか。その、閉まったドアの向こうから、逆さまになって前脚を出す猫。エイヤエイヤと手出しをしますが、狭い隙間に安心して見ていられます。と思ったところで事態は急展開。ニャーンと一鳴きして、本領を発揮する猫。頭を通してから、わずか5秒ほどで全身がドアのこっち側へテレポート完了。しかもその体のサイズは、顔のサイズからすると想定外の大きさであります。こんな大きな猫でも、あの隙間を突破できるのですから、自宅の隙間対策は今のうちに行っておきたいものであります。 [Fat Cute Cat Going Under Door/YouTube]

【関連記事】
お昼寝作法にご飯の催促、見よう見まねで兄猫に学ぶ
ザブザブとカーペットの上を背泳ぎする猫、日光浴も同時にこなし
足元から肩まで登頂した子猫、気合いを込めておならを一発

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「ファットでキュートな猫の逃走、ドアーの隙間を華麗にスルー