猫はクールでツンデレな動物、というイメージが強いですが、とっても甘え上手な一面もあります。
猫にだって甘えたい時はもちろんありますし、どんな風に甘えればいいのかもよくわかっています。

では猫が『甘えたい』と思うのはいったいどんな時なのでしょうか?
猫が甘えたくなる理由をご紹介します。
   

◆単純に甘えたい

クールな性格の猫だって、時には誰かにただ単純に甘え、撫でて欲しいときもあります。
そんなとき、猫は『撫でて欲しい』と人間に分かりやすいようにべったりと甘えて、くっついてくるようです。

普段クールを装っている猫でも甘えたい日はやっぱりあるんですね♪
そんなときには猫が満足してくれるまで、たっぷりとナデナデしてあまやかしてあげましょう。

猫を甘やかすには、猫が喜ぶところをピンポイントで撫でてあげると、猫はより喜んでくれるはず。
一般的に猫が撫でられて嬉しいと言われているのは、

①あごの下②眉間から鼻筋③しっぽの付け根④背中

だと言われています。
ただ固体差もあり、触ると猫が喜ぶと言われている場所をいやがる猫もいます。
現に我が家の猫はしっぽの付け根を触られるのをいやがります。

せっかく猫が甘えてきてくれたのに、猫が嫌がる場所をしつこく撫でてしまうと、猫がもう甘えてくれなくなることも。
猫が甘えてくれたから嬉しくなっちゃって、ついつい猫を可愛がりすぎて撫ですぎたり、嫌がるところ撫でてしまわないように気を付けましょう。
 

◆ニオイ付け


仕事から疲れて帰ってきたら、玄関で猫がお出迎えしてくれる。
さらに、足にすりより猫が甘えてくれる。
そんな日は、本当に幸せな気持ちになりますよね。

お留守番が寂しかったのかな?抱っこして欲しいのかな?と思ってしまいますが、実は猫なりに他の理由があるのだそう。

外から飼い主さんが帰って来て、猫がすりすりと体をすりつけて甘えてくる時は、自分のニオイをつけ直している場合が多いと言われています。
もちろん、抱っこやナデナデの催促、寂しかったアピールで猫がお出迎え直後に甘えてくることもあります。
しかし、猫が飼い主さんの匂いを執拗に嗅いだり、体をすりつけながら猫が何度も匂いを嗅いでくる場合は飼い主さんにただ自分のニオイをつけ直しているだけ野子とがおおいようです。

飼い主さんは自分の物!という猫の可愛らしい独占欲からの行動なので、猫の心いくまでニオイをつけさせてあげましょう。
 

◆要求がある

人間も欲しいものがあるときやお願い事をするときに、甘えた声で甘えてみせて、なにかを要求することがあるかと思います。

猫だって、ご飯やおやつが欲しい時に甘えてみせて要求を飲んでもらおう!と考えることもあるようです。
猫自身が甘えてみせれば、飼い主さんのご機嫌がよくなり、して欲しいことをしてもらえる、と考えているのでしょう。
とっても賢い猫です。

少しくらいであれば猫の『甘えた姿』に要求を飲んであげてもいいでしょう。
しかしおやつやご飯はあげすぎ厳禁。
適度に猫の言うことを聞くようにしてくださいね。
 

◆体調不良

猫は具合が悪いとじっと動かずに、病気や体調不良が治るのを待ちます。
しかし、人間もそうですが、具合が悪いと心細さから人恋しくなるもの。
猫だってちょっと具合が悪いときには、心細さから甘えてくることもあるようです。
また、死の直前に『ありがとう』というように、めいいっぱい飼い主さんに甘える猫も少なくありません。

猫の具合が悪いと感じ、甘えてくるときは、猫の様子を普段よりも見つつ、好きにさせてあげましょう。
あまりに猫がしんどそうなら、迷わず病院へいってくださいね。
 

◆老化

若い頃はやんちゃでクールだったのに、シニア期に差し掛かると甘えたになる猫もいるのだそう。
年をとったことで心細くなるのか、心が子猫に戻ってしまうのか…。
今まで膝に乗ることなどなかったクールな猫だったのに、10歳を過ぎた辺りから急に猫が膝に乗り甘えてくるようになった、という話はよく聞きます。

シニア猫の甘えは穏やかな甘えのことが多いように感じます。
猫に寄り添うように、ゆっくり撫でてあげたりマッサージをしてあげたり、撫でるときなども穏やかに優しくあまやかしてあげましょう。

いかがでしたか?
色々な甘えたくなる理由があり、飼い主さんのことを信頼していなければどんな理由でも猫が甘えてくることはありません。
猫がどんな理由にしても、すりすりと飼い主さんに甘えてくれるのは、飼い主さんのことが好きだから、という理由が絶対にあります。
甘やかしてあげられるときには、しっかり甘やかしてあげてくださいね。

 

情報提供元:猫壱
記事名:「たまには猫だって甘えたい?!猫が甘えてくる4つの理由