「猫バンバン」ちょっとした思いやりで救える命があります。

梅の花が満開ですね。春ももうすぐやってきますが、まだまだ寒さ厳しい日が続きます。

冬は、猫たちがエンジンルームやタイヤの間に入り、暖まろうとします。

気づかずにエンジンをかけてしまった・・・

そんな悲しい事故を防ぐのは「猫バンバン」。冬は車に乗る前に、ボンネットを『バンバン』。

簡単なアクションで、猫たちの命を守ることができます。外暮らしの猫は過酷な環境でも必死に生きています。

ちょっとした思いやりを持って、車の運転をしてもらえたらいいにゃー。地域猫を卒業して、家猫になった「むねしろう」からのお願いです。

むねしろうは、10年近く地域猫として暮らし、冬は植え込みに設置した発泡スチロールで作ったハウス(ホカロン入り)で寝ていたので、近くにある駐車場の車にも潜り込まずに済んだのかもしれません。
 
ハウスで寝ているむねしろう
 
地域猫の印、さくら耳も自慢げ?

今は我が家の猫たちと暖かなベッドで惰眠をむさぼっています。苦労した猫はホントに賢くて他の猫にも優しいです。

余談ですが・・・二頭目を迎えることを検討されている方は、むねしろうみたいな猫もおすすめですよ。

「猫バンバン」は、日産ホームページにも詳しく紹介されています。

「日産猫バンバン」で検索!ロゴやステッカーのダウンロードもできます。

車に乗る方も乗らない方もぜひ知っておいてください。

明日は2月22日、ちまたでは「猫の日」なんて言われていますが、猫を愛する人は365日猫の日ですよね!

情報提供元:猫壱
記事名:「ちょっとした思いやりで救える命