「スッキリと綺麗なインテリアに憧れてているけど、猫がいると難しい…。」猫との暮らし、困ることの1つが室内がなんとなくごちゃごちゃしてしまうことかも知れません。

猫のトイレや爪研ぎは1日中出しておかなければならないもの。でも室内に溶け込む上品なカラーや形状の物ってなかなかありませんよね。

猫のおもちゃもカラフルで可愛いけど、室内に出しっぱなしにしておくと目について落ち着かないことも。猫グッズ、皆さんはどんな風に収納していますか?

今回はいつお邪魔しても部屋がスッキリと片付いている2人の猫の飼い主さんから聞いた、猫のいる住まいをスッキリオシャレにする方法を紹介します。

 

■大きな家具の後ろにスッキリ


3匹の猫と暮らすTさん。2DKの室内は白とグレーのモノトーンで大人っぽい雰囲気。そしていつも綺麗です。

室内がスッキリ見えるコツは、リビングに置かれた大きめなソファー。色は白なので、存在感はあっても室内を狭く感じさせません。

そのソファーの後ろが猫グッズ置き場。猫のトイレとトイレ砂を入れるボックス、フード入れ、そして猫のおもちゃなどを入れた引き出しが無印良品のボックスにきちんと収納されています。

ソファーの後ろに1箇所にまとめることで、出しやすく、目に付きにくい。ぜひ参考にさせて欲しいアイディアです。

 

■カラーを統一する


「猫グッズは全てカラーを白に統一します」というSさん。一人暮らしの1DKに猫と暮らしています。

それほど広くない部屋でも狭く感じないのは、メインカラーが白だから。猫のトイレはもちろん、爪研ぎまで側面を白のマスキングテープを貼って真っ白の爪研ぎに。こだわってます!

そしてもちろん、猫の食器は猫壱のハッピーダイニングシリーズ。白い陶器の器に猫の足跡が点々とついたデザインをフードボウル、ウォーターボウル、おやつ皿と3種類揃えて使っています。

「最近トレーが発売されたのが嬉しいです。これは人間が使ってもおしゃれなので猫とペアで使っています。」

という嬉しいコメント。確かに猫壱のトレーは1人分のランチプレートにもぴったりかも( ´ ▽ ` )

狭い室内もカラーを白に統一するだけですっきり見えます。一緒に暮らす猫が真っ黒な黒猫ちゃんなので、猫が部屋のアクセントカラー(笑)。猫までおしゃれに見えてしまいました。


いかがですか。猫グッズを1箇所にまとめて大きな家具の後ろに隠すこと、カラーを統一すること、部屋をすっきり見せるコツはそれほど難しくないかも。

「ベッド周りだけでもカラーを統一すると、それだけでおしゃれに見えます。」とSさん。なるほど、確かにそうですね!

猫のいる住まいをスッキリオシャレにする2つのコツ、皆さんもぜひ参考にしてみて下さいね。

情報提供元:猫壱
記事名:「賢い人はやっている!猫のいる住まいをスッキリオシャレにする方法