食べた物の栄養を吸収し、不要な物は体外へ排出するのが「腸」の役割。それは猫も人間も同じです。

腸は体の臓器の中でも脳に匹敵する神経細胞が存在し、脳と連携しながら働きを自律的に司ります。そのため、腸は「第二の脳」と呼ばれることもあるとか。

腸内環境を整えることは、猫の元気につながります。愛猫の健康のために、毎日チェックしたい猫の腸活サインのポイントをご紹介しましょう。

 

■腸を整える2つのメリット


腸を整えると、猫にはどんなメリットがあるのでしょうか。1つ考えられることは、腸にはたくさんの免疫細胞が存在すると言われています。

腸を整えることは、体全体の免疫力をアップさせること。病気になりにくい体を作ることができるのです。健康維持には大切ですよね。

もう一つのメリットとして、「便秘を予防する」ことがあります。猫はもともと砂漠地帯で暮らしていた動物。水の少ない環境で暮らしていたので、あまり水分を積極的に摂らない傾向があります。

腸を健康的に保つことは、便をスムーズに排出して便秘予防にもつながります。積極的に猫には水分を摂らせましょう。腸活には適度な水分補給は大切です。

 

■腸内環境を整えるチェックポイント


まず猫の腸内環境を整えるために毎日やっておきたいチェックポイントをご紹介しましょう。下記のポイントに当てはまるかどうかをチェックしてみてください。

・2日以上ウンチが出ていない
・排便時に苦しそうに力む
・食欲がない
・毛艶が悪い
・むやみやたらと吐く
・ウンチから異様な匂いがする
・ウンチが硬いまたは柔らかすぎる

猫の腸内環境を整えるチェックポイントとして目安になるのが「ウンチの状態」です。トイレ掃除の時にウンチの「硬さ」「色」「匂い」を毎日チェックする習慣をつけるといいでしょう。

また、回数や体勢など、排便の様子で腸の異常が確認できることもあります。できるだけ観察するようにしてください。

 

■5歳以上の猫は要注意!


5歳から8歳程度の年齢の猫に多い病気が「巨大結腸症」です。この病気は大腸にウンチが詰まって結腸が大きく広がる病気です。

重症になると溜まったウンチを自立で排泄できないために、全身麻酔をして肛門から少しずつ掻きださなくてはならない場合もあります。


いかがですか。猫の腸内環境を整える方法とは、十分に水分を摂らせて便秘にならないようにすること。積極的に遊びに誘って腸を刺激させることも大切です。

食事は一気食いを予防して数回に分けて与えるようにするとベストです。気をつけることは人用のサプリメントは絶対にNG。もし2日以上便秘になったら獣医さんに相談してくださいね。

情報提供元:猫壱
記事名:「実は腸は第二の脳!猫の元気に繋がる腸内環境を整える方法とは