甘えん坊でやんちゃなオス猫。それならメス猫はどんな性格だと言えるでしょうか?

メス猫は避妊しなければ平均年に2回は子供を産みます。子育てにオス猫の協力は求めません。(例外はあります)ほとんどのメス猫は自分の子供のメス猫や血縁のあるメス猫と共同で子育てをする傾向があります。

そのためメス猫はオス猫に比べて性格に協調性がありフレンドリー。多頭飼いしても仲間とうまくやっていける性格です。

そんなメス猫と暮らしている場合、メス猫を満足させるポイントとは一体どんなところでしょうか。

 

■フードは小分けにしてあげよう


メス猫はオス猫よりも活動量も少なく体の作りも小さめなので、オス猫よりもやや少食。じっとしている時間も長く、エネルギーを消費しにくい体質と言えます。

オスに比べてマイペースな傾向もありますから、メス猫はちょこちょこ食いが大好き。少しずつ、自分の気が向いた時にフードを食べたいと思っているはず。

メス猫と暮らしている飼い主さんは、1日分のフードを小分けにして上げるようにすると良いでしょう。

 

■安心できる隠れ家を用意する


メス猫は子猫を守る本能があります。子猫が外敵に襲われないように周りを常に観察する習慣がありますから、何かあったらすぐに隠れられる隠れ家は不可欠です。

オス猫に比べても警戒心が強いので、不意の来客が来た時なども安心して過ごせるように、人があまり出入りしないスペースに用意してあげると良いでしょう。

 

■ブラッシングはこまめに


子猫を育てる、出産をするメス猫は、オス猫よりも自分の健康管理に気を配る傾向があります。血行を促し、ボディタッチすることで病気の早期発見につながるブラッシングはこまめに行ってあげましょう。

できれば歯磨きや爪などのチェックも定期的にして上げると健康上も安心です。ただし自分のペースを乱されて嫌がるメス猫もいるので、やりすぎ、かまいすぎには気をつけてあげてくださいね。


いかがですか。オス猫とメス猫の満足度の違い。性別によって猫も生活に求めるQOLが違うはず。ただし、オス猫もメス猫も両方喜ぶというポイントがあります。

それは「尻尾の付け根部分をポンポンと叩いて上げること」

なぜ猫が喜ぶのかは詳細はまだわかっていませんが、おそらく猫の尻尾の付け根には、生殖器につながる神経が通っているので、この部分を叩いて上げると猫は気持ちがよくなるのでは、と言われています。

もちろん猫によっては嫌がる場合もありますから、あまり頻繁に叩かずに、様子を見ながら行ってくださいね。

オス猫もメス猫も、飼い主さんとのスキンシップが大好きなのは猫共通のはず。自分の愛猫の満足度はどのあたりにあるのか、よくチェックしてみてくださいね。

情報提供元:猫壱
記事名:「オス猫とメス猫ではやっぱり違う!メス猫が満足する大事なポイント