猫の言葉を理解しよう!「ご挨拶編・お鼻」

猫 挨拶

Velazquez77/shutterstock.com

猫が鼻をくっつけてきたら、飼い主さんも鼻をくっつけて挨拶をしましょう。これはとても親しみを込めた行動なんですよ!猫同士で機嫌が良いときに行う挨拶なんです。

なので、人間にも鼻をくっつけてきてくれるのは、ご機嫌な時のご挨拶です!

猫の言葉を理解しよう!「ご挨拶編・しっぽ」

猫 しっぽ 絡ませる カップル

Bachkova Natalia/shutterstock.com

猫同士の場合、しっぽを立てて絡ませる挨拶を行います。同じく、飼い主さんの足にしっぽを絡めてきたときはご挨拶してくれてるんですね。

こんな時は名前を呼んで、頭を撫でてご挨拶を返してあげてくださいね!抱っこをせがんでいる甘えたな猫もいるので、その場合は抱っこして鼻と鼻でチュッとしてあげましょう!!

猫の言葉を理解しよう!「ご挨拶編・鳴き声」

The kitten meows shouts purebred kitten. Baby kitten

Lina Keil/shutterstock.com

実は、猫同士は鳴き声で会話や挨拶をしないんです!猫同士はボディランゲージや匂いでコミュニケーションをとっています。

ケンカの時はうなり声をあげますが、挨拶としては人間にだけ鳴くんですよ!飼い主さんに向かって「ニャ、にゃあ」と鳴く時は、ご挨拶してくれているので、鳴き返すか、名前を呼んで反応してあげてくださいね!

猫の言葉を理解しよう!「甘えん坊編・ゴロゴロ」

猫 甘える

Another77/shutterstock.com

耳を前方に倒して、目を半開きにして喉をゴロゴロ鳴らしている時は、思いっきり甘えん坊モードです。とても気分が良いので、顎や頭を撫でまくってあげましょう。低めの小声で名前を呼んだり、褒め言葉を連呼しておきましょう!

猫の言葉を理解しよう!「甘えん坊編・フミフミ」

Young man with cute cat lying on floor near window

Africa Studio/shutterstock.com

前足で同じ場所をフミフミしている時は、子猫時代に母猫のお乳を押している気分になって甘えている状態です。とても気持ちが落ち着いていて、飼い主さんへ甘えているので、されるがままになっておきましょう。

猫の言葉を理解しよう!「番外編・にらめっこ」

Cat looking up - isolated on white

Artmim/shutterstock.com

猫と目があったとき、ジッと見つめられて、見つめ返してしてしまいますよね。この時、飼い主さんは目を細めてあげるようにしましょう。目を細めることで、「こちらに敵意はありませんよ」という気持ちが伝わります。それでも、猫がジッと見つめてくる場合は遊んで欲しいのかもしれません。おもちゃで誘ってみましょうね!

猫はとても気まぐれで孤独を愛しているイメージがありますが、飼い主さんには愛情をたくさん伝えてきてくれます。見逃さずにキャッチして、ちゃんと気持ちを返してあげてくださいね!今まで以上に仲良くなることは間違いありません!

情報提供元:mofmo
記事名:「【猫の気持ち】猫の言葉を理解してもっと仲良くなる6つの方法!