ドッグシェルターの光景・・・犬たちが教えてくれること

ひどい仕打ちを受けても、人間に愛されたい

私が初めてロシア、モスクワのドッグシェルターを訪れたとき、仔犬たちの写真を撮ってほしいと頼まれました。ボランティアがいつも写真をSNSにアップし、犬たちに新しい家を見つける手助けをしていました。
出典:http://www.boredpanda.com/halfway-home/

この写真から伝わるように、たくさんのワンコたちがいます。

それぞれが、ある理由で このシェルターを訪れています。

そして一匹一匹が求めてくれる家族がくるのを待っています。 訪れるチャンスを引き寄せるには、 行動を起こさなくてはなりませんね…!

私はシェルターの犬たちに深い感銘を受けました。彼らは今まで残酷な仕打ちを受けてきたにもかかわらず、人間に抱きしめられることをずっと待っているのです。
出典:http://www.boredpanda.com/halfway-home/

一度、傷ついてしまったら そのトラウマを拭うことはなかなか難しいように思います…

しかし、そんなことはないようです。 また愛され、それに応えたいと思うワンコたち… ピュアな真っ直ぐさに励まされます。

本当に犬たちを救うには

それからというもの、私はドッグシェルターの常連となりました。
出典:http://www.boredpanda.com/halfway-home/

シェルターに居るワンちゃんたちの日常、 そこから見える素顔がどんなものかを見つけると ワンちゃん自身の個性と魅力が見えてきそうです。

その魅力に気が付いてもらえたら 新しい家族が現れるかもしれません…!

ワンちゃんたちの幸せを考える

 

情報提供元:mofmo
記事名:「明かりが灯ることを信じて。ドッグシェルターの日常…写真に込められた思いとは