ビションフリーゼの抜け毛は多い?

ビションフリーゼ

Svetography/shutterstock.com

ビションフリーゼは小型犬の中でも人気が急上昇している犬種です。

愛らしい見た目と性格が人気ですが、その被毛のお手入れが気になるところです。 ビションフリーゼの抜け毛は多いのでしょうか?

ビションフリーゼの特徴は丸いアフロヘアーですね。 体毛はダブルコートの被毛です。 ダブルコートの被毛は、上下で二段構造になっています。

下に生える被毛が「アンダーコート」と呼ばれます。 「アンダーコート」は細く細かい毛が生えているのが特徴です。 細かい毛が密集して生えているため、体温を保持する機能があります。 ビションフリーゼのアンダーコートは柔らかい毛です。

上に生える被毛は「オーバーコート」と呼ばれます。 「オーバーコート」は硬い毛であることが多いです。 ビションフリーゼのオーバーコートは巻き毛になっています。

ダブルコートの犬種は抜け毛の多い犬種が多いですが、ビションフリーゼは抜け毛が少ないといわれています。 しかし、放っておくと毛が伸び放題なので、毎日のブラッシングはかかせません。

ビションフリーゼの被毛ケア

ビションフリーゼ

MOAimage/shutterstock.com

ビションフリーゼは抜け毛が少ないといわれていますが、ダブルコートなので全く抜けないわけではありません。 ふわふわな被毛を保つためにも、抜けた毛が絡まって毛玉になるのを防ぐためにもブラッシングを念入りにする必要があります。

またブラッシングをすると、すでに毛が抜けているのに落ちてこない毛を取り除いてあげることができます。 抜けている毛が他の毛にからまって落ちないでいると、蒸れや細菌繁殖の原因になります。 常に抜け毛を取り除き、風通しのよい状態にしておくことは大切です。

ビションフリーゼは放っておくとすぐに毛玉やもつれができてしまいます。 毎日、ワキやお腹など見落としがちな場所も毛玉がないかチェックしましょう。

ブラッシングの際にはブラシを使い分けることが必要です。 まずスリッカーブラシの細いピン先で抜け毛を効果的に取り除きましょう。 とくにダブルコートの場合、アンダーコートの密集した毛から抜け毛を取り除く必要があります。 スリッカーブラシを使うことで、密集したアンダーコートに絡まった毛も除くことができるのです。

おおまかなもつれや毛玉を取ったら、コームで細かいところのもつれや抜け毛を取り除きます。 毛のもつれや毛玉ができやすい場所は個体により差があります。 飼い主さんはその場所を把握し、効果的なブラッシングを行いましょう。

まとめ

ビションフリーゼは抜け毛が少ないものの、ふわふわな被毛を保つために毎日のブラッシングやケアが必要です。 抜け毛が少ないので比較的飼いやすいですが、ブラッシングに時間をかける必要があるため、愛犬との時間をたっぷりと取れる方におすすめです。 ビションフリーゼを飼っている方、また飼おうと考えている方、ぜひ参考にしてくださいね。

ビションフリーゼってどんな犬?特徴や性格などを考慮した飼い方・しつけ方法を知ろう。 | mofmo

わたあめのような見た目が特徴的なビションフリーゼ。 活発な性格で大変遊び好きな犬種ですので、一緒に遊びたい人におすすめ。 飼い方のコツをお教えいたします! オトボケな性格のため、しつけは少し大変かも・・・?

https://mofmo.jp/article/1911

情報提供元:mofmo
記事名:「ビションフリーゼは抜け毛が多い?日頃のケアや抜け毛対策を解説!