犬の初めてのお風呂

犬のお風呂は何歳から可能なの?

子犬 

Anna Hoychuk/shutterstock.com

子犬の場合は心配になるでしょうが、基本的には時間をなるべく短くし、効率よくやれば問題ありません。原則、お湯につかるというより、体を洗うのが目的です。そのため、事前にお風呂場の環境に慣れさせることが重要です。ただし ワクチン前の場合は、獣医の許可が出るまでお風呂は無理です。シャワーの音、風呂場の何気ない音も子犬にとっては、大きな怖い音です。まずはこの環境によく慣れさせることです。ですから最初は、犬がすっぽり収まる浅めの容器を用意し、足の半分くらいまでをお湯につけて、遊ばせる感覚で慣れさせましょう。5カ月も過ぎれば、お風呂が大好きな犬になっています。

初めての時は、犬のお風呂の入れ方をトリマーさんに教えてもらおう♪

トリミング

Helen Sushitskaya/shutterstock.com

やはりなんといっても、プロはすべてにおいて犬の扱いに慣れています。それに、シャンプー選びから、洗い方まですべてを熟知しています。長毛種はもちろん、小型犬では一度はトリミングなど、犬の美容室へ連れていくのも良いです。最初は費用が掛かりますが、1回でも連れていき、洗い方、お湯の使い方などを教えてもらうのがベストです。 ついでに、スタッフおすすめの犬のシャンプーやリンスも選んでおきましょう。

お風呂の入れ方

犬のお風呂はどのくらいの頻度で?

犬 お風呂 シャワー

135pixels/shutterstock.com

犬のお風呂ですが、頻度はどのくらいでしょうか?分厚い被毛で覆われている割には、犬の皮膚はたいへんデリケートです。皮膚そのものの厚みは、人間の4分の1ほどです。したがって人間のシャンプーなどは洗浄力が強すぎ使えませんし、週1くらいの頻度が限界といえます。せいぜい2週間に1回程度で大丈夫です。そのため、犬用のドライシャンプーも市販されています。特に犬の被毛は、皮膚の保護にもなっているので、キチンと頻度は守ってください。お尻の汚れ、手足の汚れはウェットティッシュ、あるいは濡れタオルで充分です。

【犬のお風呂の入れ方】具体的な洗い方

ジャックラッセルテリア お風呂

Antonio Gravante/shutterstock.com

①体がすっぽり入るような容器を用意する ②お湯は足の半分くらいまでで、伏せても顔が漬からない高さに入れる ③お湯の温度は犬の体温に合わせて35度前後 ④顔の周りは濡れタオルを使い、お湯で固く絞ったもので拭く。原則的に顔にお湯はかけませんし、シャンプーも使わない。 ⑤洗い方は、背中からおなかに向かって、首の後ろから尾にかけて洗う。(毛の流れに沿って) ⑥犬用のシャンプーは泡立ちが弱いですから、犬用のシャンプーブラシを使うのも可 ⑦すすぐときは、背中から胸、前足、おなか、後ろ足、しっぽの順で、顔は拭くだけ

この動画では、プロがやっているので、顔も洗っていますが、飼い主さんが行うときは、細心の注意を払ってください。非常にわかりやすい解説ビデオなので、ぜひ参考にしてください。

乾かし方

チワワ ドライヤー

Chaisit Rattanachusri/shutterstock.com

最初はなかなか難しいのがドライイング(乾かし方)です。まずはタオルを使います。前出の動画にも最後にありますが、ざっくりと拭いてあげます。この時ブラシを使ってはいけません。長毛種ではかえって被毛を痛めます。 ここで、先ほどと同じように、解説動画をご紹介しましょう。

ここで、注目してほしいのは「ドライヤーの音」です。それと自宅でやる場合は両手がふさがることです。そこでこの動画では面白いアドバイスがありますが、それ以外に壁に上手にフックで固定するといった方法があります。耳からドライヤーの音を離すことも大切です。それとこれが一番重要ですが、この動画のトリマーさんは、犬の顎を常に離さない点です。これが急な犬の動きを抑えることになるのです。シャンプーの時も、いたるところで犬の頭をつかんでいます。これがコツです。

犬のお風呂はお湯につかるというより、洗うほうがメインになります。人間の場合は、お風呂後もパジャマに着替えますが、犬は体を乾かさないと体温が下がります。犬のお風呂で十分に注意していただきたい点です。

情報提供元:mofmo
記事名:「【気になる頻度や温度も解説】犬のお風呂の入れ方もコツとルール!