興味津々!猫耳センサー稼働中!

Beautiful adult red cat isolated on white background. Cat Muzzle

vandycan/shutterstock.com

猫の五感の中で最も優れているのは『聴覚』だと言われています。 視覚による距離感より、耳からの情報による距離感で行動していると言っても過言ではないでしょう。

猫は生粋のハンターなので、耳を左右別々の方向に動かすなんてお手の物です!

耳を立ててピクピク左右に動かしているときは、興味のある飼い主に甘えていいのか、それともちょっと離れて警戒したら物の正体を見極めようとしている時です。

小さい音にも反応できる高性能な耳!

猫の耳は小さい音でも聞き取れる高性能! 人間が聞こえる範囲が20~20000ヘルツ。 犬は40~65000ヘルツなのに対して、猫は25~75000ヘルツの音を聞き取ることが出来ます。

そのため、寝ている猫に遠くから、しかも小声で呼びかけても声の方向に耳を向けてくれることもありますよね。

飼い主さんの声を覚えていたり、心地よい音を覚えることも出来るんですよ!

帰宅して玄関を開けると出迎えてくれる猫が居ると思います。それは、家人の歩き方の音の特徴を覚えていて、その音が聞こえた瞬間から玄関でスタンバイしているのですよ。 健気ですね♪

不安や恐怖を感じると耳も小さくなる!

不安や恐怖を感じると猫は体ごと小さくなって隠れようとします。 そのため、耳も真横や後ろに倒して体を低くします。

耳を頭にペッタリと付けることで恐怖の対象から見えなくなるようにしているんですね。

怒っていたり威嚇する時も耳を倒します!

不安や恐怖を感じている時と同じように、威嚇する場合も耳を後ろに倒します。 この時は、相手に自分を大きく見せようとするので、体中の毛を逆立てたり、背中を丸めてふくらませます。 ケンカになった時に耳を襲われないように伏せているのだと言われていますよ。

警戒中にも耳を倒していることがあります。 カメラのレンズを向けたりするとよくこの状態になる猫も居ますね。

この耳の状態をイカ耳とも言います。 見た目はかわいいですが、あくまで警戒中なので、ソッとしておいてあげましょう!

ふにゃふにゃの垂れ耳は気持ちよさの表れ。

頭を撫でられたり気持ちの良い時に耳の力が抜けて前に倒れたり斜めになったりします。 この時は顔も至福の表情になっているので、見ている方もほんわかしますね。

リラックス状態の猫の耳は前方に向き、目は半分閉じて喉を気持ち良さそうにゴロゴロ鳴らしています。 こんな時は猫の気が済むまで撫でてあげましょう。

耳の力を抜いているのは、一番気持ちの良いところを撫でてもらいやすくするためです。

猫の耳で感情をくみ取ってあげてね!

スコティッシュやアメリカンカールみたいに、耳が垂れたり曲がったりしていて気持ちを汲み取りにくい猫も居ますが、多少は動いているんですよ。 分かりずらい時は目の瞳孔の大きさも判断材料の一つに加えて見てあげましょう。

猫はとっても感情豊かな生き物です。 会話は出来なくても、様々なボディーランゲージで感情を表現してくれています。

耳の表情に注目して、感情をくみ取って付き合っていってくださいね!

情報提供元:mofmo
記事名:「【猫のきもちが分かる!】猫耳を見て感情を知る方法を徹底解説!