犬がピーナッツを食べても良いの?

ピーナッツ 落花生

shutterstock.com

犬がピーナッツを食べたとしても、大丈夫です!

人間でもピーナッツを沢山食べたりすると胸焼けがしたり、ニキビや吹き出物ができたり、鼻血が出るという人がいるので、犬にも食べさせすぎは危険ですが、少量であれば食べたとしても問題はありません。

犬がピーナッツを食べた時の注意点

犬にピーナッツを食べさせるときは、生のままではなく、下ゆでをして、指でつぶせるくらい柔らかくしてからあげるようにしましょう。

殻や薄皮も取り除いて、実をつぶして食事に混ぜるのが理想的ですね。 そのまま食べた場合は、消化できずにそのまま便に混じって出てくることもあるので、やはり砕くことをおすすめします。

小型犬や幼犬、老犬の場合は、そのままを食べたら喉に詰まらせてしまうかもしれないので、柔らかく、細かくしてあげましょう。

犬がピーナッツを食べるメリット

ピーナッツに含まれているオレイン酸、リノール酸(不飽和脂肪酸)が悪玉コレステロールを減らしてくれます。悪玉コレステロールが減ると、動脈硬化によって心筋梗塞や脳卒中の危険が回避できます。

また、ビタミンEも豊富に含まれているので、老化防止にもなりますよ! しかも、犬がピーナッツを食べたら腸内環境が整うとも言われています。

ピーナッツをそのまま食べた場合は、消化不良になりやすいですが、きちんと食べやすくして食べた場合は、素晴らしいメリットがあるんですね!

犬がピーナッツを食べるデメリット

犬がピーナッツを食べた後、消化不良によって下痢や嘔吐、結石になる場合があります。

結石になる理由は、ピーナッツに含まれているマグネシウムが原因とされています。大量に食べた場合は、腸内に詰まる可能性もあるので、与えすぎは止めましょう。

ピーナッツなどの豆類は油分も多いので、肥満にも繋がります。犬にだけ言えることではありませんが、食べ過ぎはだめですね。

犬がピーナッツを沢山食べた場合の対処法

犬 食べる 舐める

shutterstock.com

飼い主さんの見ていない間に、もし犬がピーナッツを沢山食べた場合は、水を沢山飲めるように用意してあげましょう。

ピーナッツを食べた後の食事は消化の良いものにしてあげることも忘れずに! ほとんどは消化できずに便で出てきますが、嘔吐や下痢、便秘が続く場合は動物病院に連れて行ってあげてくださいね!

犬のおやつにピーナッツバターを使っている物もあります。食べやすく加工してあれば、安心で栄養価のバランスも良い食材ということですね!

是非、犬の食生活にバランス良く取り入れて美味しく食べてもらってください!

情報提供元:mofmo
記事名:「犬がピーナッツを食べて大丈夫?ピーナッツの良し悪しを詳しく解説。