犬にマンゴーを与えても問題ない?

マンゴーを食べる犬

Ankit98/shutterstock.com

独特な香りと濃厚な甘みが特徴のマンゴーは、近年スーパーなどの売り場でもよく見かけるようになりました。日本でおもに出回っているのはアップルマンゴーと呼ばれる種類です。

マンゴーは国内では沖縄や宮崎でおもに生産されています。5月から8月にかけてが旬のフルーツで、夏バテ防止や熱中症対策にもおすすめな食べ物です。犬はなかなか水を飲んでくれないので、香りや甘みが強いマンゴーを犬に与えて、効率よく水分補給させたいと思われる方もいることでしょう。

マンゴーは基本的には犬に安心して与えることができます。犬にとってもマンゴーの栄養素はある程度の健康効果をもたらしてくれます。皮や種は取り除いてから、実の部分を食べやすい大きさにして与えましょう。

犬にマンゴーを与えてもいい量

マンゴー

pixabay.com

では、犬に一度に与えていいマンゴーの量は決まっているのでしょうか。マンゴーに関わらず、犬に副食やおやつとして与える食べ物については「適量」を守って与えることがとても大切です。

犬は1日に必要な栄養素はドッグフードだけで基本的にまかなうことができます。特にマンゴーなどのフルーツは糖分もたくさん含まれています。あまりにたくさん食べさせてしまうと逆に健康被害を与えてしまう可能性があるので、量をきちんと考えて与えるようにしましょう。

犬にとってのマンゴーの「適量」とはどれくらいでしょうか。それは犬の体重によって違いがあります。では、犬の体重別に適正量を取り上げていきましょう。

超小型犬の場合

超小型犬とは体重が4kg未満の犬種のことです。トイプードルやチワワ、ヨークシャーテリア、ポメラニアンなどがその中に含まれます。

超小型犬のマンゴーの適正量は5g~11g程度です。これはマンゴーを間食やおやつとして与える場合の量です。マンゴーを2cm角の食べやすい大きさにした場合、2分の1切れ~1切れ程度が目安になります。

小型犬の場合

小型犬は体重が10kg以下の犬種のことで、パグやパピヨン、マルチーズ、ミニチュアダックスフンドなどがいます。

小型犬に1日に与えていいマンゴーの量は17g~30g程度です。2cm角のマンゴーを1切れ半から3切れ程度が目安となります。

中型犬の場合

体重が25kg以下の犬種が中型犬に入ります。ウェルシュコーギーやボーダーコリー、ブルドッグ、スタンダードシュナウザーなどが挙げられます。

体重が15kgの成犬の場合でマンゴーはおよそ40g前後体重20kgの犬には48g程度を目安として与えることができます。愛犬の体重に合わせて増減してください。

大型犬の場合

大型犬は体重が25kg以上の犬のことをいいます。ラブラドルレトリバーやゴールデンレトリバー、シェパード、ドーベルマン、秋田犬などです。

体重が30kgの犬に与えていい量は約65g程度40kgの犬には80g程度です。愛犬の体重に合わせて増減できます。

子犬の場合は注意が必要

子犬にもマンゴーを食べさせることはできますが、子犬に与える時は注意が必要です。なぜなら、子犬は消化器官が発達していないので、うまく消化できずに下痢や嘔吐をしやすいからです。

体重に関わらず子犬には「ほんの少しだけ」与えるか、もしくはわざわざ与えなくても良いかもしれません。

犬にマンゴーを与えることで期待できる効果

爽やかな犬

pixabay.com

マンゴーにはビタミンCやビタミンE、また体内でビタミンAに変わるβカロテンが豊富に含まれています。これらの成分には皮膚や粘膜の働きを良くし、免疫力を高める抗酸化作用があります。

また、カリウムも含まれているので、体内のナトリウムを排出し腎臓の働きを良くするのにも役立ちます。体を冷やすフルーツでもあるので、暑い夏の火照った体をクールダウンさせるのにも効果を発揮してくれることでしょう。

犬にマンゴーを与えるときの注意点

カットマンゴー

pixabay.com

犬は何でも丸飲みしやすいので、マンゴーを与える時は小さくカットするか、すりつぶしたものを与えるようにしましょう。特に、種を間違って飲んでしまうと喉や胃腸を傷つけてしまう恐れもあります。犬の目の届くところに置いておかないよう気を付けてください。

マンゴーはウルシ科の植物です。犬によってはウルシにアレルギー反応を示す犬もいます。初めてマンゴーを食べさせる時は特に、ごく少量だけ与えて様子を見るようにしてください。もし食べた後で何らかの体調の変化が見られる時は、動物病院に連れて行き獣医師の診断を仰いでください。

ドライマンゴーやマンゴーゼリーは与えても問題ない?

マンゴージュースとマンゴープリン

pixabay.com

人間用のドライマンゴーは砂糖がコーティングされている場合が多いです。無添加もしくは犬用のであればドライマンゴーでも食べさせることはできますが、糖分が凝縮されているので与えすぎないよう注意してください。

また、市販されているマンゴーゼリーやマンゴープリン、マンゴーアイスなどの加工品にも砂糖がたくさん含まれています。肥満や糖尿につながるので与えないでください。砂糖を一切加えない手作りであればOKです。

情報提供元:mofmo
記事名:「犬にマンゴーはOK!食べてもいい量と与えるときの注意点!