キッチンでのいたずらに困っちゃう!

キッチンに立つ猫

kazoka/shutterstock.com

愛猫との暮らしは、癒しや楽しいことで溢れます。毎日、帰りを待っていてくれたり、甘えてきてくれる様子は、一日の疲れをいやし、毎日に彩を添えてくれることでしょう。

でも、いたずらっ子の猫ちゃんを飼育していると、毎日のストレスが増してしまうことも時にはありますよね。少しのいたずらは「もうまったく・・・」と笑って許せるかもしれませんが、とても危険だったり、笑って済ますことのできないほどのいたずらには本当に困ってしまうこともあります。

猫は、犬のようにしつけることは難しいといわれています。だから、いたずらをどうやって辞めさせたらいいのかわからなくて、困ってしまっている方も少なくないでしょう。

猫がいたずらをする場所はいろいろとありますが、その中の一つがキッチンのシンクです。例えば、キッチンのシンクの中においてある三角コーナーを荒らしてしまうといういたずらっ子もいます。三角コーナーはとりわけ、生ごみなどが入っていたりするのでとても汚いですよね。

また、蛇口で遊んで家じゅうが水浸しになった!なんてハプニングを経験した飼い主さんもいます。部屋中が水浸しなんて、考えただけでも途方に暮れてしまいそうです。

また、キッチンには包丁やフライパンなどの危険なものも置いてあります。そして、シンクの中に捨ててある生ごみを勝手に食べるならば誤食の危険性もあります。調味料などを勝手に破ったり、倒したりすることもあります。

火の近くでもありますので、やはりキッチン周辺でいたずらをされるのは、猫にとってもとても危険であり、飼い主さんにとっても、放っておくことのできないいたずらになってしまうでしょう。

シンクをいたずらしちゃう理由

シンクに立っている猫

MaxyM/shutterstock.com

キッチンのシンクというのは、料理をしたり、洗い物をする場所なので、飼い主さんとしてはできるだけ清潔にしておきたい場所ですよね。でも、そんな場所も、いたずら好きの猫ちゃんにとっては遊び場所、あるいはいたずらに適した場所になってしまうようです。

でも、どうして猫はキッチンのシンクでいたずらしたくなるのでしょうか?

やんちゃな時期なのかも!?

理由はいろいろあるようです。まず、キッチンのシンクという場所に特定せずに考えるなら、まだまだ好奇心旺盛な子猫の時期というのは、飼い主さんがいくらダメといっても、あるいは猫自身がダメだとわかっていてもやめない、人間で言ういたずらっ子の時期になります。

特に、2歳くらいまではやんちゃな時期だといわれています。このくらいの時期までかなりのいたずらっ子だったとしても、大人になっていくにつれて、まったくいたずらをしなくなる子もいます。

それで、やんちゃな時期にシンクの中の生ゴミ荒らしがブームになっていると、いくらダメといってもなかなかやめてくれない、ということもあるようです。とにかく、猫は遊び好きなので、キッチンのシンクに自分の興味を引くようなものがあると、とにかくいたずらせずにはいられないのかもしれません。

性格

また、大人になったとしても、性格としてやんちゃでいたずら好きな猫ちゃんもいます。この場合、シンクの中をいたずらすると、飼い主さんの気を引けるとわかっていて、わざとやっているという事も考えられます。飼い主さんの気を引きたくて、いたずらを辞めない、あるいはエスカレートすると思うと反応の仕方を考えたほうがよさそうですね。

食べ物への執着が強い

また、食べ物への執着の強い子は、特に生ごみをそのままにしていると絶対に漁りたくなってしまう子もいるようです。猫はゴミ箱の中身も漁りますよね。

ゴミ箱というのは、人間たちが食べた美味しそうな匂いのするものが入っています。一度、残飯などを漁ってしまうと、またそこにやってきてそれをガサガサと漁ろうとします。

料理をした後や、食後の食器を洗って出た残飯や食材の生ごみなどをそのままにしておくと、やはり猫にとってはどうしても漁りたくなる対象となり、シンクでのいたずらがやめられなくなるのかもしれません。

ストレスを感じている

さらに、ストレスが原因になっていたずらをする、ということもあります。複数猫を飼育していて、片方の猫だけを可愛がっているとか、運動不足などが原因になっている可能性もあります。

猫はストレスを感じると、いたずらが加速します。飼い主さんにかまってほしいとか、今は完全室内飼育がすすめられていますので、暇でストレスになっているという場合もあるでしょう。

情報提供元:mofmo
記事名:「猫がキッチンやシンクで遊んで困る!遊ばせないための対策を公開!