老犬の健康問題

大人しく伏せている老犬

Alex Mladek/shutterstock.com

愛犬が高齢になると健康の問題を抱えやすくなります。そのため老犬を飼っている人は、ちょっとした変化でも見逃したくないと思うことでしょう。愛犬の鼻水が気になることはありませんか?老犬が鼻水を流している時の原因はなんでしょうか?疑うべき病気があるでしょうか?

今回は、老犬が鼻水を流す原因についてご説明したいと思います。また、原因として考えられる病気についても詳しくご紹介したいと思います。

老犬の鼻水が気になる?原因は何?

鼻が湿っている犬

WilleeCole Photography/shutterstock.com

老犬の鼻が液体で湿っているでしょうか?もしかしたら鼻水が流れているのかもしれません。拭いてあげても鼻水が止まらずに流れ出てくることもあるでしょう。老犬にもなると様々な病気にかかることがありますから、鼻水の原因を知りたいと思われるに違いありません。

老犬になると注意が必要

老犬になると小さな変化に注意を払っていなければなりません。どうしてでしょうか?なぜなら、高齢になっていくにつれて身体の機能が衰えていくからです。

若い頃であれば多少のトラブルを抱えていても、自然と改善することがあったでしょう。でも老犬ともなるとそうはいきません。身体のトラブルを改善する力が衰えていますから、放っておくと悪化するだけです。

さらに老犬にもなると身体の免疫力が下がってしまいます。免疫力が下がると体外からのウイルスに抵抗する力が無くなってしまい、若い時に比べて簡単に感染症にかかりやすくなってしまうのです。病気に感染してしまった後も、ウイルスを排除する力が弱いので、身体が影響を受けやすいでしょう。

免疫力が低下すると、体内のイレギュラーなものを排除しきれなくなります。つまりガンなどにもかかる可能性が高くなってしまうのです。ガンになる老犬が多いのも免疫力の低下が大きく関係しているからでしょう。

老犬にもなると、そのような病気などにかかる可能性が高いので、若い時よりも注意が必要であることが分かりますね。鼻水が出ているとしても、「寒かったのかな?」と簡単に考えるのではなく、他にも病気の兆候が表れていないか気にするようにしましょう。

鼻水が出ている時に考える事

老犬が鼻水を流しているなら、どんなことを考えるべきでしょうか?

まずはその原因を探ることが大切です。そのためには鼻水の程度をよく観察しましょう。鼻水が止まらないと感じるのはいつからでしょうか?一時的に鼻水が出ているだけでしょうか?それともしばらく鼻水が続いているのでしょうか?

鼻水の程度が知れたなら、周囲の状況も把握しましょう。気温や湿度は鼻水の原因になり得るでしょうか?いつもと変わったことが起こっているでしょうか?

老犬の状態もよく観察するようにしてください。体力が著しく低下しているでしょうか?いつもと違った様子が見受けられるでしょうか?

更に老犬がかかりやすい病気についても考えてみることが出来るでしょう。集めた情報を元にそれらの病気の可能性があるか考えてみることが出来ます。

一番大切なことは、「素人判断に任せず、不安を感じたなら獣医さんに相談する」と言うことです。

老犬の鼻水の3つの原因

マフラーを巻いて雪の中立っている犬

Prystai/shutterstock.com

では老犬が鼻水を流している原因としてはどんなものが考えられるでしょうか?老犬の鼻水の3つの原因をご紹介します。

生理現象

老犬であっても生理現象はあります。気温が下がってきたなら鼻水が流れることもあります。埃っぽい場所では、ほこりで鼻が刺激されることがあります。くしゃみと共に鼻水が出ることもあるでしょう。

犬は鼻呼吸する時に、冷たい空気をそのまま吸い込んでしまわないよう鼻の奥で暖めることができます。ただ、この働きには鼻水の分泌量を増やす効果もあります。気温が下がったときに鼻水が出るのは正常な機能であり問題はありません。

埃が多い場合も同様です。埃が鼻の中に入ると鼻の粘膜を刺激します。すると埃をたくさん吸い込んでしまわないように、鼻水によって埃を外に出そうとするので、必然と鼻水の分泌量が増えるのです。埃っぽい時にくしゃみや鼻水が出るのも自然なことで正常な機能だと言えます。

正常な作用が働いている時の鼻水はサラサラとして粘り気がすくなく透明です。周囲の状況と合わせるなら、その鼻水が生理現象であることが分かるでしょう。

アレルギー

人間と同様、犬もアレルギーによって鼻水がたくさん出るようになります。老犬でもアレルギー反応を引き起こすことがあるのです。花粉やハウスダスト、ダニやノミなどでアレルギー症状を発することがあります。

また食物アレルギーの場合もあるでしょう。食べたものが身体に合わずにアレルギー反応を引き起こしているのです。今までにアレルギー反応を示さなかったものでも、急にそのような反応を示すことがあります。

食材の中には犬にとってアレルゲンとなりやすいものもありますので、そうしたものを食べていないか振り返ってみると良いでしょう。

病気

病気ゆえに鼻水が出ることもあります。病気が原因で鼻に炎症がおこり、鼻水が出るようになっているのかもしれません。また病気によってできたものが鼻を刺激して鼻水に繋がっている場合もあります。

鼻水だけで病気と判断することはできませんが、老犬は病気になりやすいことを覚えておくのは良いことです。鼻水という小さな変化でも、背後には病気が潜んでいることを忘れないようにしましょう。早い段階で病気を発見することができるなら、愛犬に与える負担を軽減できるはずです。

情報提供元:mofmo
記事名:「老犬の鼻水の原因は?3つの原因と老犬が鼻水を流している場合に考えられる病気とは