愛犬が無防備に眠っている姿をみると家族の中で安心していることを感じて嬉しくなりますね。犬の寝姿にはそれぞれ犬の心理状態が表れているのをご存知でしたでしょうか。

犬が体の半分をピタッと地面につけて寝ているときはどのような気持ちなのでしょうか?今回は犬が横を向いて寝るときの心理についてご紹介したいと思います。

1.犬が横を向いて寝ているときの心理

一緒に暮らす愛犬のことをもっとよく知るために寝ている様子にも気を配ることができるでしょう。横を向いているときは愛犬はどのような気持ちで眠っているのでしょうか?

1.安心している

ぐっすり眠る犬

eva_blanco/shutterstock.com

横を向いて寝るという姿勢は、すぐに起きるあがることに適していませんよね。ですから、すぐに起き上がる必要のないときつまり安心しているときに見せる寝姿勢だと言うことができるでしょう。

飼い主さんがそばにいたり、家の中を「安全だ」と認識しているワンちゃんはこのような心理で横になって眠るでしょう。

2.足を伸ばしたい

伏せの状態では関節が曲がったままで足を十分に休めることができません。立っている間も足に体重がかかりますよね。大事な足を休ませるために、横たわって眠るということが大切と自然に行なっている行為かもしれません。

愛犬が起きていれば、足の付け根などをマッサージしてあげると喜ぶと思いますよ。ただし、マッサージは力加減に注意して、個体差もありますので愛犬の様子を観察しながら行ないましょう。

3.ちょっと暑い

暑い夏の日に眠る犬

Jaromir Chalabala/shutterstock.com

ほとんどの犬は全身を被毛に覆われているため、体温調節を体の表面からすることは難しいです。そのため暑いと感じれば「ハアハア」と口呼吸をして、皮膚の薄い腹部が空気によく触れるようにお腹を横にして寝ることがあります。

また、四肢を開いた状態で寝ているときは、暑さを感じている可能性が高いと言えるでしょう。少しでも冷たい空気に触れていたい犬のポーズです。

4.夢を見ている

あなたは愛犬の寝言や夢を見ているところを見たことがあるでしょうか?ワンワン、クーンなどと寝言を言うことや足をバタバタさせてまるで寝ながら走っているかのような動作をしていることがあります。

そんな夢を見るのは横向きの寝姿勢のことが多く、よりリラックスできる姿勢だからこそなのかもしれませんね。

5.おさまりが良い

ぬいぐるみを抱いて寝る犬

Anna Hoychuk/shutterstock.com

例えば、ぬいぐるみやクッションなどを抱きかかえながら横を向いて寝ていることがあります。その姿勢が安定していて、リラックスできる状態になっているのでしょう。

眠るときに安心して眠りたいと思ってぬいぐるみやクッションを持つこともあるそうです。落ち着きを保って眠れるように、眠るときにベストポジションを探すのはワンちゃんにも言えることなのですね。

情報提供元:mofmo
記事名:「犬の寝相から分かる心理!横を向いて寝る時はどんな気持ちなの?