長毛で人気のサイベリアン

サイベリアン

Lubava/shutterstock.com

長毛で、ふわふわした印象の猫「サイベリアン」は、その見た目からペットとして人気の品種です。 猫の中でも古い歴史を持つ品種だと言われています。

ここでは、そんなサイベリアンの基本知識を挙げていきます。 これからペットとして猫を選ぼうと思っている方は参考にしてください。

さらに、サイベリアンの特長を踏まえて、病気にならず、長生きするためにオススメのキャットフードをピックアップします。

サイベリアンの基本知識

まずは、サイベリアンの起源や特徴、歴史を紹介していきます。

サイベリアンの起源

サイベリアンは、ロシアが原産国と言われています。

別名を「サイベリアンフォレストキャット」と言います。

人為によって生じた種ではなく、自然発生した種と言われています。

猫の種類の中では、古くから存在する種と考えられていて、紀元1000年頃から存在していたと言われています。

最近の遺伝子解析による調査によって、ウラル山脈越えたところに生存するペルシャやアンゴラと同じ祖先を持つと考えられています。

サイベリアンの特徴

ロシア原産ということで、寒い地域でも生きていける特徴を持っています。

まずは、被毛の特徴が長いということ。 長毛は、冬の寒さの厳しいロシアの気候にも対応できるような特徴です。

特に、肩甲骨の上の部分と、胸の部分が暑いのが特徴です。

他の猫の品種と比べても、特に毛の量が多く、最大に増えるまでには5年かかると言われています。

さらに、骨量が多くしっかりとした骨格が特徴です。 寒さに対応するために、筋肉と適量の脂肪が体を覆っています。

そのため、基本体重は4~9kgで、オスだと10kgを越える猫の中でも大型に分類される品種です。

頭が大きめで、額が広く、アーモンド形の目、しっぽがまっすぐで長いのが特徴で、平均寿命は10~15歳と言われています。

サイベリアンの毛色

サイベリアン

Eric Isselee/shutterstock.com

サイベリアンの毛色として公認されている色は、登録団体によって異なります。

ソリッドカラー、ダビー、バイカラーなど色々な色のサイベリアンが存在します。

ルーツでもあるロシアで公認されている毛色は、茶色から黒褐色というように幅が広く、アメリカではさらに多くの色とパターンが公認されています。

サイベリアンの歴史

ロシアは他国との交流や交易が制限されていたため、19世紀には入手の難しい品種として知られていました。

国外に輸出されるようになったのは、1987年以降との記録が残っています。 それでも、当時は、輸出先として、政治的に近い国(ポーランドやドイツ)と、地理的に近い国(スカンジナビア3国)に限られていました。

その後、1990年代になると、正式に猫種として登録されるのに合わせて、政治的な雪解けの時期を迎え世界に輸出されるようになります。 今ではロシアを代表する猫種として、中国のパンダのように、国際交流のシンボルになっています。

例えば、秋田県知事が秋田県をプーチン大統領に送った返礼として、「ミール」という名前のサイベリアンがロシアから送られました。

メドベージェフ首相やゴルバチョフ大統領などの要人のペットでもある、ロシアを代表する猫です。

サイベリアンの価格

サイベリアンの子猫の成約時の平均価格は約45万円と言われています。 最高額は258万円、最低価格は15万円です。(あくまでも価格例なので、参考にする程度にしてください。)

子猫の価格の違いは、猫種スタンダードに近いか、血統、顔、毛色、体の大きさ、月齢によって生じます。

サイベリアンの性格

サイベリアン

Kimberly Boyles/shutterstock.com

実際に飼うに当たって気になるのは性格です。

犬と同じように、猫も種類によって、もともと持っている性格傾向があります。

それぞれの猫によって差がありますが、大まかな品種の性格を知ることはペットとして家に迎えるにあたって大切です。

サイベリアンの性格について1つずつ見ていきます。

サイベリアンの性格①温和で優しい

見た目のキリっとした印象とは違い、性格は温和です。

優しく、穏やかなので、ペットとして家に迎え入れやすい品種です。

サイベリアンの性格②賢い

猫の中でも、その賢さが際立っていて、犬のように、投げたボールを拾ってきたりできます。

サイベリアンの性格③忍耐強く、従順

猫にしては珍しく、飼い主に対して従順という一面を持っています。 忍耐も兼ねそろえているので、お留守番もなんなくこなせる性格です。

サイベリアンの性格④社交的、愛情深い

家族に対して愛情深く、誰にでも懐きやすいので、遊びに来た初対面の人が撫でても大丈夫です。

基本的には社交的な性格のなので、他の猫と飼っても大丈夫と言われていますが、受身な猫とはあまり相性が良くないようです。

積極的に遊ぶタイプの猫であれば仲良く遊ぶかもしれません。

サイベリアンの性格⑤テリトリー意識

社交的でありながらも、テリトリー意識が強いという一面もあるので、仲間として認めていない相手に対しては冷たくあしらうようなことがあります。

サイベリアンの性格⑥ハンター気質

ネズミ捕りの優秀なハンターであり、水も怖がらないので、魚を捕るために水に飛び込むこともいとわないハンター気質を備えています。

サイベリアンの性格を総合的に見て評価してみると、猫を飼ったことがない初心者家族でも飼いやすい性格ということがわかるでしょう。

情報提供元:mofmo
記事名:「サイベリアンってどんな猫?特徴やおススメのキャットフードは?