愛犬、猫を苦しめる尿路結石が重篤になる可能性がある病気です。「ウロアクト」はそんな尿路結石を予防するサプリメントとして効果的です。病気にかかったことのない飼い主さんもこの病気とその予防について知っておくことは良いことだと思います。ぜひ参考にしてください。

犬猫の尿路結石ってどんな病気?

Quartz Rainbow Titanium aura crystal cluster on black background

Sebastian Janicki/shutterstock.com

尿路結石とは尿の中のカルシウムやマグネシウムなどのミネラルが結晶化して結石となってしまったもののことを言います。

尿路結石の症状は何度もトイレに行きたがる、トイレに行っても尿は出ないもしくは血尿が出たり、排尿時に痛みを伴なうなど、わんちゃん・ねこちゃんにとっては苦痛を伴う病気です。

一度治ったと思っても繰り返し再発をする病気ですので、治療後も常日頃からわんちゃん・ねこちゃんの食事を変え、様子を観察して見守っていく必要があります。

尿路結石は何から作られるの?

腎臓の働き

X-ray of dog lateral view red highlight in gastric dilatation volvulus- stomach twists-double bubble pattern indicates stomach torsion has occurred- Veterinary medicine- Veterinary anatomy- blue color

Intarapong/shutterstock.com

人間も犬も猫も体の中で老廃物というものが作られます。老廃物は血液とともに腎臓に届けられ、尿として体外に排出されます。腎臓は血液中の老廃物を濾し取って尿として排出させ、きれいになった血液は再び体に返すという浄化装置のような役割を担っています。

腎臓で作られた尿はその後尿管から膀胱に行きある程度溜まってから尿道を通り体外に排出されます。

結石ができてしまう原因はミネラル摂取量

食べ物や飲み物にはミネラルが入っています。ミネラルは体にとって必要なものです。

しかし、身体が必要としている以上のミネラルを摂取した時には腎臓で処理されます。ミネラルには成分同士がくっついてしまうという性質があるので尿の中のミネラル濃度が高くなると結晶や結石ができやすくなってしまうのです。

日頃のミネラル摂取量がきっかけで膀胱や尿道などでミネラルがくっついた結石ができてしまいます。

尿のpHが原因になることも・・・

Smart farming with IoT, futuristic agriculture concept : Farmer wears VR or AR glasses while monitoring rainfall, temeprature, humidity, soil pH  by using a tablet connected to internet via satellite

William Potter/shutterstock.com

ミネラル同士がくっついて結石になるにはpH(酸性・中性・アルカリ性を示す指数)が関係することもあります。

ミネラルの種類ごとに結石になりやすいpHがあります、年齢、体質、食べ物などが原因で尿路結石を作りやすいpHになると結石ができやすくなってしまうこともあります。

<比較的若い犬や猫に多い> ストルバイトは尿pHがアルカリ性になると結晶化しやすく尿を酸性に調整する必要があります。

<高齢期に多い> シュウ酸カルシウムはpHが酸性になると結晶化しやすくなるため尿をアルカリ性に調整する必要があります。

症状は?

Doctor or teacher with ballpoint pen pointing on bladder on anatomical model of urine bladder with prostate. Study anatomy of urinary system or indication for patient to place of detected pathology

Shidlovski/shutterstock.com

尿路結石が一番できやすい場所は「膀胱」です。膀胱で結石が出来た場合は「膀胱炎」になってしまうことが多いようです。膀胱の中で石が動き、膀胱粘膜を傷つけ血尿や頻尿、また痛みを伴うこともあるようです。

比較的小さな結石ですと膀胱から「尿道」に流れ、詰まってしまうことがあります。完全に塞がっていなければ少しの尿を頻繁にしたり、少量の血尿が出たりすることもあります。もし完全に塞がってしまっているような感じがしたのなら一刻も早く病院に行かなければなりません。

「腎臓」や「尿管」に結石ができたり流れたりすることももちろんあります。腎臓の機能が低下したりなどさまざまな症状が出てきてしまいます。

いずれにしてもどこにできても結石は獣医さんに見てもらわなければならない病気であり、治療が必要な病気です。

飼い主ができること

犬猫の尿路結石を予防するためのサプリメントを使ってみることが良いと言えます。危険な病気な上再発する可能性のある病気ですので「ウロアクト」を使ってみるのも良いかもしれません。

ウロアクトの基本情報

  • ウロアクト
・原材料名

ウラジロガシエキス、クランベリーパウダー、酵母エキス、魚類ペプチド、デキストリン、ミネラル類(亜鉛酵母)、結晶セルロース、軽質無水ケイ酸、デンプングリコール酸ナトリウム、微粒二酸化ケイ素、ステアリン酸カルシウム、ビタミン類(ビタミンC、ビタミンE)
出典:https://www.amazon.co.jp/日本全薬工業-ウロアクト-犬猫用-10粒×10シート/dp/B007VM0H1W/

給与方法

1日あたり、下記の量を目安に1~2回に分けて与えて下さい。 ・犬/5kg未満・・・・・・・1粒 ・猫/2粒 ・5~20kg未満・・2粒 ・20kg以上・・・・・3粒

使用上の注意事項

・誤用を避け、品質を保持するため、他の容器に入れかえないで下さい。 ・本品は天然成分を含むため、変色することがあります。成分の性質は問題ありませんが、開封後は速やかにご使用下さい。 ・異常が認められた場合は給与を中止し、獣医師に速やかにご使用下さい。 ・使用済みの空容器等は適切に処分して下さい。

情報提供元:mofmo
記事名:「 サプリ「ウロアクト」を口コミや評判から徹底調査しました!