障がいを受け入れてもらい幸せな人生を掴んだ子犬

失った後足

2本足の犬

ボンサイの後ろ足は発育不良で歩行が困難なため,切断することになりました。
出典:https://www.boredpanda.com/puppy-born-2-legs-half-bulldog-twice-heart-bonsai/

こちらが生まれながらにして障がいを抱えているボンサイ君です。

後ろ足は失ってしまったけど,そんな不運をものともしないこの笑顔が素敵です。

痛々しそうな傷跡が残る体をしっかりと残された前足で支えようとしています。

不自由だらけの体

2本足の犬

その上,骨盤も機能不全で,下部脊椎も変形していました。彼は今後も手術を受けなければいけないのです。
出典:https://www.boredpanda.com/puppy-born-2-legs-half-bulldog-twice-heart-bonsai/

こんな小さいのに体のあらゆるところに障がいを抱えているようです。

それでも小さな命は大切に育てられ,彼の人生は着実に切り開かれていっているようです。

まるでぬいぐるみのようなこの姿・・・誰もが守ってあげたくなりますよね。

スイマーパピー症候群とは

2本足の犬

ボンサイの前足は”スイマーパピー症候群”を発症しており,そのため彼は前足でちゃんと立つことができず,内臓に多大な負担をかけることに・・・
出典:https://www.boredpanda.com/puppy-born-2-legs-half-bulldog-twice-heart-bonsai/

まるで泳いでいるかのように前足を大きく開いています。

とても可愛い恰好のように見えますが,これは”スイマーパピー症候群”の症状のようです。

この仰向け姿勢も彼に長く生きてもらうためには必要な姿勢。

長時間この格好だと辛そうですが,とても頑張っていますよね。

情報提供元:mofmo
記事名:「 2本足の子犬が掴んだ幸せいっぱいの人生