足の不自由な猫

juliya

www.boredpanda.com

「私の新しい飼い主さんが私を見つけたときにはもう私の足には問題があり、私は歩くことができなくなっていました。」
出典:https://www.boredpanda.com/adopted-doctor-cat-helping-animals-juliya-abramova/

ロシアにある動物病院に住んでいる猫のルシファー。 彼女は何らかの理由で帰る家がなく、この病院に保護されてきたのですが、どうやら後ろの足に何か問題があるようでした。 調べてみるとルシファーは以前に一度、ドアに挟まれて押しつぶされたことがあり、そのときに脊椎にダメージを受けてしまったことが原因であるようでした。

苦しみが分かる

juliya

www.boredpanda.com

「私はこのクリニックにいる動物たちを助けることが好きで、彼らをサポートしたり、『生きる必要があるんだよ』と説明してあげたりしています。」
出典:https://www.boredpanda.com/adopted-doctor-cat-helping-animals-juliya-abramova/

後ろ足が思うように動かず歩くのが困難なルシファーですが、彼女はとても幸せでした。 なぜなら彼女には立派な仕事と大好きな家族があったからです。 彼女は信頼しているクリニックのスタッフたちと共に、次々とやってくる動物たちを懸命にサポートしていました。 自分の体が不自由で苦しい思いをしている分、ほかの動物たちの苦しみも理解してあげることができるのかもしれませんね。

誰かの役に立ちたい

juliya

www.boredpanda.com

「私はまだ歩くことが困難ではありますが、他の治療している動物たちを慰めてあげることをやめることはできません。」
出典:https://www.boredpanda.com/adopted-doctor-cat-helping-animals-juliya-abramova/

ルシファーはただ側で見守るだけではなく、ケガをしている動物に寄り添って温めてあげたり、猫のドナーになって命を助けてあげたり、本当に力を尽くしてあげました。 自分の足が不自由でも一生懸命誰かのために頑張ることで、ルシファーはやりがいを感じ生き生きと過ごせているのかもしれませんね。 ほかの動物たちもこのルシファーの存在に癒されるのか、とてもリラックスしているようです。

メディアが称賛!

juliya

www.boredpanda.com

「私はこのクリニックに、生きるチャンスを与えてくれたことと動物たちを助けてくれていることに、大きな感謝の気持ちを伝えたいです。」
出典:https://www.boredpanda.com/adopted-doctor-cat-helping-animals-juliya-abramova/

自分の体の不自由さに落ち込んだり元気をなくしたりすることなく、自分にしかできないことを見つけ前向きに健気に生きるルシファーの姿にメディアは称賛し、ルシファーをインタビューしに来たそうです。 それでもまだルシファーは、心でこう思っているかもしれませんね。「私はスターではありませんよ。私の不自由な足の面倒を見てくれるクリニックのスタッフたちにとても感謝をしていて、自分のできることをしてあげたいでけです。」 ルシファーの生き方には、学べるところがたくさんありそうですね。

情報提供元:mofmo
記事名:「 誰かの助けになりたい…。自分の障害もプラスにとらえ前向きに生きる猫