皆さんがドッグフードを選ぶ際のポイントは何ですか?一つにコスパの良さを上げる方もいるでしょう。そこで今回はコスパがよく財布にも優しいおすすめの安いドッグフードを紹介したいと思います。愛犬へのドッグフード選びで悩んでいる方は必見です!

安いドッグフードの問題点

Dog waiting for treats.

Yuna 1/shutterstock.com

安いドッグフードを探している方は少なくありませんが、安いドッグフードのにはそれなりの問題点があります。どんな問題点があるのでしょうか? 安く販売するためには原材料にお金をかけることはできません。1キロ当たり100円、200円程度のドッグフードを生産して販売するためには原材料はタダ同然のものを使用するしかないでしょう。ということは必然的に原料は低品質のものになることでしょう。 安いドッグフードの原材料でかかせないのが「副産物」「穀物」「添加物」の使用です。

副産物

肉食動物である犬にとって一番必要な栄養素は動物性たんぱく質です。動物性たんぱく質は肉や魚から摂取できるので、ドッグフードには肉や魚が含まれているものが望ましいといえます。しかし肉や魚を使用するとどうしてもコスパがかかってしまいます。そのため安いドッグフードを作るためには品質の悪い粗悪な肉を使用するようになります。 副産物とも呼ばれる人間がたべることのない本来なら破棄するような部位(鶏のとさか、くちばし、羽根、血液、足など)をタダ同然で入手し使用することがあります。病気や事故で死んで腐りかけた肉が使用されている可能性もあるのです。 これら副産物を使用すれば安く提供できますが、当然粗悪な肉は消化に良くなく、栄養価も低いといえます。

穀物

もう一つ安いドッグフードに欠せないのが穀物です。 穀物は肉や魚よりも安く入手でき、加工も簡単ですのでドッグフードのかさ増しによく使用されます。また穀物は植物性たんぱく質として使用され、ドッグフードのたんぱく質量をあげられます。 しかし穀物は犬が消化吸収しにくい食材であるため、下痢やおう吐をすることがあります。さらに安いドッグフードでよく用いられている「トウモロコシ、小麦、大豆」などは犬がアレルギーを起こしやすい食材です。下痢やおう吐の他に皮膚疾患を起こすこともあります。 何より犬にとって必要な栄養素は、動物性たんぱく質です。

添加物

さらに安いドッグフードで使用されているのが添加物です。 ドッグフードを日持ちさせるために欠かせない保存料、酸化防止剤。おいしそうに見せるための着色料。嗜好性を高める香料、調味料などがあります。 ドッグフードのコストを下げるためにはたくさん売ること、長期保存できるようにすることによって廃棄量を減らすことです。そのためにこれら添加物が使用されています。

しかしこれら添加物は犬にとって百害あって一利なしといえるものばかりです。特にカラフルでおいしそうに見せる合成着色料は発がん性、染色体異常、けいれん、アレルギーなどのリスクが高いことが報告されている危険な添加物です。しかし犬は色の識別ができないため犬にとって着色料の使用は全く意味がありません。 合成酸化防止剤も、発がん性やアレルギー、内臓疾患といったリスクが高いものがあります。今は天然由来の安全性の高い酸化防止剤もたくさんあるので、あえて危険性の高い合成酸化防止剤は使ってほしくないですね。 また品質の良い原材料を使用していれば素材そのものの旨味、風味があるためわざわざ香料を使ったり味付けする必要はないのです。

こういったからくりにより安いドッグフードは作られています。

情報提供元:mofmo
記事名:「 コスパがよく財布に優しいドッグフードはどれ?おすすめ5選を紹介!