ペットが突然いなくなったら

どんなに注意していても、一瞬の出来事で犬はどこかへ行ってしまうことがあります。 例えば、雷などの大きな音に驚いたり、興味のあるものを追いかけて走って行ってしまったり。 パニックになればどんなに名前を呼んでも止まることはないでしょう。 そして犬が走り出すと足が速くて、とてもじゃないですが追いつくことができませんよね。 私が飼っている犬も何度か脱走したことがありますが、捕まえるのには苦労しました。 逃げ出してしまったら、道路には危険もいっぱいですので気が気ではありません。 もし事故にでも遭ってしまったら・・・。 心配は尽きませんし、いつも居た大切な存在がいなくなったら胸にぽっかりと穴が開いたような気持になるでしょう。 私も考えたくないことです。

最悪見つからないことだってある

犬はひとりでも家に戻ってくるとよく言われますが、必ずしもそうではありませんよね。 帰り道が分からなくなるほど遠くに行ってしまい、迷子になることだってあるのです。 そうなるともう帰ってこないんじゃないかという最悪のことを考えてしまいます。 お腹が空いているんじゃないか、痛い目に合っていないだろうか・・・。 そんなことを考えても、今愛犬がどうしているのかなんて知る術がないのです。 あのときこうしていればいなくなることはなかったのに、という後悔ばかりが押し寄せると思います。 それはどんなに辛いことでしょうか?

情報提供元:mofmo
記事名:「 2ヵ月間姿を消していた愛犬。奇跡の再会に胸を打たれる!(動画)