動物保護施設で見た美しい犬の姿

2匹の出会い

「2匹は,動物病院で出会ったんだ。そこでサイモンはすぐにサミーに興味を抱き,彼を守っているようだったよ。」とニューヨークの動物保護活動団体”Rescue Dogs Rock NYC”のオサリバン氏(Jackie O’Sullivan)は語ってくれました。2匹は,数週間違いで保護されてきましたが,サイモンはまるでサミーの実情を知っているかのようでした。
出典:https://www.boredpanda.com/rescue-dog-comforts-pup-surgery-sammie-simon/

サミーの体には,不自然な青い色が見えます。

もちろんこれが自然に出来たのではないことが如実に見てとれます。

とても弱り切ったサミーの側には,まるで看病するかのように寄り添うサイモンの姿。

サイモンがそっとサミーの前脚に自分の前脚をおいている姿が印象的です。

子犬が経験した地獄

幼いサミーは地獄のような出来事を経験しました。体中にスプレーを浴びせられただけでなく,頭を撃たれ,車で引きずり回された形跡があったのです。サイモンは,自身の怪我の回復中もずっとサミーの側に付添い,見守っていました。そのうち,サイモンの体が回復し,いつ引き取られてもいい状態になりましたが,サミーの回復にはまだ時間が必要
出典:https://www.boredpanda.com/rescue-dog-comforts-pup-surgery-sammie-simon/

こんなひどい仕打ちをされたにも関わらず生きていられたことが奇跡です。

命だけでも救われて本当によかったですよね。

でも,この心に負った傷はどんな名医であっても治すことは困難でしょう。

全ての人間に不信感を抱いているかもしれないサミーにとって,同じ仲間であるサイモンの存在は大きいでしょうね。

そっと側にいてくれるだけで,心落ち着くようです。

情報提供元:mofmo
記事名:「 手を取り合う姿に涙。地獄を経験した子犬に寄り添うのは同じ境遇の仲間だった