「冷たくて気持ち良いなぁ~」

ここは背中が冷えて、涼し気だな~

氷の山に寝そべり、くつろぐラッコちゃん。 イタズラ好きのラッコちゃんは、 どうやって氷を楽しむのでしょうか?

「よーし、一個食べてみよう!」

こうやって掴むように持って…

まずは、上手に両手で挟むように持ち上げます。 ラッコちゃんらしい、愛らしい動作ですね♪

「食べやすく小さくして、っと」

なかなか器用でしょ?

持ち上げた氷は、もちろんお腹に乗せた別の氷の上へ! とっても真面目な顔でコツコツと振り下ろし、砕こうとしています。

「いっただっきま~す!」

やっと食べれる!いっただきま~す!

氷同士を打ち付けあった後は、あ~ん♪ 大きなお口を開けて、氷を食べてしまいました!

「おお~ぅ、コレは…!」

もぐもぐ。もぐもぐ。

幸せそうな顔で味わった、氷のお味は!? なんだか叫んでいるようです。

まさかの可笑しすぎる反応が…!

 

情報提供元:mofmo
記事名:「まるでコントのような展開!氷を食べたラッコの反応に笑わずにはいられない